明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師資産形成

【勤務医必見】不動産投資におけるリスクを下げるためのポイント

不動産投資におけるリスクには深刻なケースも…

勤務医の方の中には「不動産投資」に興味を抱いてる方もいるのではないでしょうか。一方で興味があるもののリスクがある ことで一歩踏み出せない…という方も多いと思います。 そこで、今回は不動産投資におけるリスクを下げるためのポイントとして効果的な方法をご紹介します。 分野やジャンルは問わず、投資は少なからずリスクが生じるものであるため、絶対に失敗しない投資というものは存在 しません。 しかし、不動産投資の場合は初期費用が大きく失敗してしまうと莫大な借金を抱えることになってしまう…というリスクも ありなかなか踏み出せない方は多いです。 しかし、不動産投資はリスクを下げるためにいくつかポイントが存在するため、失敗するリスク自体は意外にも低いという特徴があります。

勤務医が不動産投資におけるリスクを下げるには?

【物件購入前に地域情報も気にする】
失敗リスクを下げるためにも「物件周辺の地域」についても確認しておきましょう。
例えば、購入を検討している不動産が単身者向けなのに、その地域はファミリー層が多い場合はニーズにマッチしていないため、空室リスクを上昇させてしまうかもしれません。
また、治安や周辺物件の賃料なども目安程度に把握することが大切です。

【空室対策について事前に計画しておく】
空室は一定周期で一定期間はあるものと認識しておくのが常識です。
空室に悩んでから空室対策の計画を立てるのでは遅いです。もし、本業が忙しい時期に空室に悩まされてもなかなか計画
を立てたり、準備を進めたりすることができず、空室期間はどんどん伸びてしまいます。
空室時にすぐ計画に則った対応ができるよう、事前に計画しておくようにしましょう。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us