おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産開業医

【海外不動産投資】カンボジア不動産投資での失敗事例を紹介

購入後、入居者が確保できない

海外不動産投資として注目を集めている国「カンボジア」。人口や生産年齢人口の増加、経済成長などによる住宅需要の増加が期待 されていて、安定した不動産投資がしやすいといわれています。 しかし、そんなカンボジア不動産投資でも失敗するケースは少なくありません。どのような失敗事例があるのでしょうか。 カンボジアで不動産投資をする場合ほとんどが「コンドミニアム」を購入します。日本でいうマンションのことですが、 せっかくコンドミニアムを購入したのに入居者の確保がスムーズにできなかった、というケースは少なくありません。 これでは、投資としての収入に影響が出てしまいます。 その点を踏まえ物件購入会社の選定も、販売だけではなく現地でサポート受けれる見込みのある会社とのお付き合いがおすすめです。

購入物件の建設中止

購入した物件が何らかの理由によって建設中止になってしまうことがあります。購入する物件が建設途中である場合には、
建設の進歩に応じて支払いが発生します。しかし、これが何らかの理由で建設中止になってしまうと、当初予定していた収益
開始時期がずれ込んでしまう可能性があります。この辺りについても、購入会社に事前に内容の確認をしておくといいでしょう。

失敗事例を把握して海外不動産投資を成功させよう

失敗事例を把握しておくことで、自身の失敗のリスクを回避することにもつながります。
特に、カンボジアは法整備がまだ整っていないこともあり、日本と比べるとトラブルが発生しやすいのが現状です。
不動産投資の人気エリアであることから「何も問題ないだろう」という安易な考えになりやすいですが、そうした油断は禁物です。
今回解説した内容を参考にして、カンボジアでの不動産投資を成功させましょう。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us