明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資と団体信用生命保険の関係は?

不動産投資と団体信用生命保険の関係は?

資産形成のために不動産投資を行う場合、住宅ローンを利用して不動産を購入する場合には、団体信用生命保険に加入が義務付けられていることになります。団体信用生命保険は、住宅ローンの契約者が亡くなった場合や所定の高度障害状態になった場合には、団体信用生命保険から残りの住宅ローンの返済がなされ、それ以降の住宅ローンの返済が免除されることになります。団体信用生命保険は名前の通り生命保険の一種です。しかしながら、団体信用生命保険には制限があって、ケガや病気になった時には補償はされませんので、注意が必要です。

団体信用生命保険にはどんなメリットがありますか?

不動産投資で住宅ローンを組む時に団体信用生命保険への加入が義務付けられますが、団体信用生命保険にはどんなメリットがあるのでしょうか。生命保険との名前がついているように、契約者が死亡したり、所定の高度障害の状態になったりした場合には、以降の住宅ローンの支払いが団体信用生命保険から支払われ、契約者は支払う必要がなくなります。不動産は購入した契約者のものですので、賃料収入などは今まで通り入ってくることになり、契約者が死亡した場合は相続人が相続でき、所定の高度障害の状態になった場合には本人の治療費に充てることもできる、大変ありがたい生命保険です。

団体信用生命保険のデメリットとは?

不動産投資で住宅ローンを組む時に加入が義務つけられている、団体信用生命保険にはどのようなデメリットがあるのでしょうか。団体信用生命保険のメリットとしては、契約者が死亡した時や所定の高度障害状態になった場合に保険金が支払われることになりますが、所定の高度障害状態以外のケガや病気が原因で長期に仕事ができない場合には、支払の対象外となることです。そのために、収入がなくても住宅ローンを支払い続けなければなりません。これらの対象を補完するためには、別途、生命保険や医療保険に加入する必要があり、保険料をダブって支払う必要がありますので、負担が増えてくることになります。

不動産投資にはこんなメリットがあります

不動産投資と一般的に契約する生命保険とはどちらも高額商品であり、住宅ローンを利用して不動産を購入した場合には、どちらも月々分割支払契約をしています。そのような一致点のある不動産投資と生命保険と比較してみて、不動産投資のメリットについてみてみます。不動産購入に住宅ローンを使用した場合には、団体信用生命保険の加入が義務付けられ、契約者が死亡または書影の高度障害状態となった場合には、残りの住宅ローンを団体信用生命保険から支払われることにより残債が亡くなり、賃料収入は引き続いて入ってくるので、終身保険と年金保険とがセットになった生命保険との性格を持っています。

不動産投資のデメリットは何ですか?

不動産投資は一般的に契約する生命保険と比較して、デメリットもあります。住宅ローンで購入した不動産には団体信用生命保険に加入する必要がありますが、団体信用生命保険は契約者が死亡していない、所定の高度障害状態になっていない場合で、病気やケガの場合には保険金は支払われないということです。ケガや病気が短期の場合であれば問題はありませんが、長期にわたる場合には仕事もできず、しかし住宅ローンは支払わなくてはならないという状態になります。従って、病気やけがのために別途、生命保険に加入する必要があります。団体信用生命保険で一部の補償はありますので、かける生命保険の補償は、補完する項目に限定することで金銭面での負担は少し軽減されます。

不動産投資や団体信用生命保険にはメリットデメリットがあります

不動産投資をする際には、住宅ローンの団体信用生命保険への加入を行うことで、契約者の死亡時や所定の高度障害状態の場合には生命保険の機能として、住宅ローンの残債が返済され支払いが免除され、不動産の賃料収入や資産として手元に残るというメリットがあります。しかしながら、団体信用生命保険には病気やけがの場合には補償されないことがデメリットとなります。デメリットを解消するためには、別途、団体信用生命保険で補償されていない生命保険の契約をする必要があります。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us