Web明細はこちら

株式会社トライブホールディングス TRIVE Holdings

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師節税

不動産投資における「医師」と「サラリーマン」の違い

不動産投資における「医師」と「サラリーマン」の違いについて

「医師」と「サラリーマン」では、どちらが不動産投資に向いているのか気になったことがあるのではない でしょうか。不動産投資がおすすめの職業として「医師」の話題が上がることが多いですが、一方で会社員 はあまり勧誘も少なく、情報事態も多くない印象です。 そこで、今回は不動産投資における医師とサラリーマンの違いについてご紹介します。 医師とサラリーマンが同じように不動産投資を始めも、実はいくつかのポイントでそれぞれに違いが生じ ます。では具体的にどのような違いが生じるのでしょうか。

融資の受けやすさ(優遇条件)

第一に挙げられるのが「融資の受けやすさ」です。
医師は基本的に与信力が高く、融資が受けやすい傾向にあります。その金額も一般的なサラリーマンと比較
すると差があることも多く、不動産投資の準備の段階で大きな違いがあるのです。
もちろん、サラリーマンが必ずしも融資を受けられないということはありませんが、所属している企業や
勤続年数などによっては融資を受けられない可能性があります。
これらを比較してわかる通り融資の受けやすさ、スタート条件には大きな違いがあるため、医師は不動産
投資を始めやすいといわれているのです。

不動産物件の将来の用途について

所有した不動産物件をどのように活用するかを考えたことはあるでしょうか。
勤務医であれば、「将来独立開業したい」という方も多いと思います。そういった将来の開業場所として
不動産を所有しておくという方法もあるのです。
一方会社員の場合、定年まで会社で働き続けるという方が多いことから、所有する不動産を将来有効活用
するケースは少ないです。
こうした将来の用途の点から見ても、医師の方が不動産投資が向いているといえます。

投資に使える金額の違い

そもそも医師は収入が高い傾向にあるため、不動産投資に使える金額が多い傾向にあります。
そのため、不動産投資をスタートする際のハードルも会社員と比較すると高くはないですし、自身の求める
条件に見合った物件を手に入れやすいという利点があります。

不動産投資における医師とサラリーマンの違いは大きい

不動産投資は細かい知識が不要で、管理の手間も少ないことから「不動産投資は誰がやっても同じ」と
いったイメージを抱く方が多いです。しかし、医師とサラリーマンで比較してみると、意外にも大きな
違いが存在します。
ぜひ、医師として活躍している方は、自身の潜在する能力を生かすためにも不動産投資を検討してみては
いかがでしょうか。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us