おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師海外不動産

加速する海外不動産【医師向け海外不動産投資】

フィリピン・カンボジアで即買うべき不動産とは?

■海外の不動産投資の内フィリピンやカンボジアで今すぐ買うべき不動産物件は 医師向けの海外向け不動産投資は、国内の経済成長率が減速していますので、ますます加速しています。特に、フィリピンやカンボジアについてはメリットのある不動産物件が多くあり、今すぐに買うべき不動産物件としては、フィリピンのダバオのコンドミニアムやカンボジアのプノンペンのマンションやホテルなどの一体型複合施設への投資など多くの物件があります。

即刻買うべきエリアはココ!

■海外の不動産で今すぐ買うべきエリアとは
成長著しいアジアの都市での海外不動産投資を考えている医師が今すぐ買うべきエリアについて紹介します。フィリピン第二の都市のセブ市ではビジネスとリゾートとが併設しているエリアにあるコンドテル物件がねらい目となります。カンボジアでは首都プノンペンの開発ラッシュが続き、ダイヤモンドアイランドは未来都市と呼ばれ、マンション・ホテル・ショッピングモールが集まっていて、コンドミニアム物件が人気です。

日本を襲う高所得者の大増税

■日本の高所得者に打撃の大増税について
日本の税制は超累進課税制度であり、高所得者になるほど税の負担が大きくなっています。年収1000万円以上の給与所得者は全体の4%ですが、所得税全体の46%を支えています。このような状況で、高所得者が資産運用を図るには、投機的な方法ではなく確実な投資方法としては不動産投資があり、利回りを重視するためにはフィリピンやカンボジアなどの海外の不動産投資が最適となります。

鈍化する日本の経済成長率

■減速している日本の経済成長率について
国内総生産(GDP)は国の経済規模を表す指標ですが、現在、日本は0.8%となり、今後の成長率も0.8~1.0%と低い予想となっています。GDPの内訳として民間消費が60%で、民間の消費が低迷している現在では、今後の経済成長率アップが見通せない状況です。このような状況では、フィリピンやカンボジアなどの海外の旺盛な成長率が見込める国への不動産投資に目が向くのは当然かもしれません。

国内リスクのために海外投資

■国内の不動産物投資のリスクヘッジのための海外への不動産投資について
国内の需要が低迷している現状で、医師が堅実に資産を増やすための不動産投資先は、大きな利回りを見込めない国内よりも、海外への不動産投資へ移行するのは必然で国内不動産投資のリスクヘッジとして利用されています。

フィリピンやカンボジアへの不動産投資には購入する物件が多くありますので、医師の方のような高所得者に対する大増税対策のリスクヘッジとして有効な方法となります。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us