明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

勤めながらでも始められる、区分所有の方法

勤めながらでも始められる、区分所有の方法

■勤めながらでも始められる、区分所有の方法 会社勤めをしながら、不動産投資をする方法は、資産運用としてよく行われることです。中でも注目されているのが区分所有という方法で分譲マンションの一室ややオフィスビルのワンフロアなど、建物において他の部分と独立した部分を購入することで始めることが出来ます。

区分所有とは?

■区分所有って何?

不動産投資における区分所有とは、マンションやオフィスビルの一部分を購入して、それを貸し出して家賃収入を得る方法です。建物を丸ごと購入したり、建てたりするのと違って、投資する金額が少ないので、従来のように資金が豊富な投資家だけでなく、普通のサラリーマン投資家でも手を出しやすくなります。

ある程度の資金があれば、ローンを利用することもないので、利息返済の負担もなく不動産投資をすることが可能です。

区分所有の副業メリット

■区分所有の副業のメリットは?

区分所有を副業として行なうことのメリットは、少ない資金でも収益率の高い物件を手に入れることが出来るということ、マンションやオフィスビスを丸ごと購入してしまうと、不動産投資から手を引く時に売却しにくくなりますが、一部屋やワンフロアであれば、売買がし易いのでスムーズに手放すことが出来ます。

副業の確定申告

■副業の確定申告の仕方

会社勤めをしているときには、給与にかかる税金については源泉徴収で、会社が手続きをしてくれますが、区分所有で得た収入については、自分で確定申告をしなければいけません。もしも申告をしなかったら追徴課税や延滞金が課せられてしまいます
確定申告は自分で行えるものですが、節税のノウハウを持っていないと税金の負担が重くのしかかる事も考えられます。時間がなかったり、ある程度の収入になるのであれば、税理士に相談しながら申告する事も考えるべきです。

まとめ

不動産投資において、区分所有というのはマンションやオフィスなどの一部分を購入して賃貸経営をする方法です。物件を手に入れるために必要な資金が少なく、リスク分散も可能で、勤めながら副業として始めやすい不動産投資になります。
区分所有で家賃収入を得ることが出来たならば、その利益は課税対象となるので、確定申告をして適切に税金を支払う必要があります。節税方法を知りたければ、税理士に相談する事も考えるべきです。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us