明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師節税資産形成開業医

勤務医」と「開業医」が不動産投資を始めるそれぞれのメリット

勤務医と開業医で不動産投資を始めるメリットは異なる

医師の不動産投資について話題になることが増えましたが、一口に「医師」といっても勤務医や開業医など立場は大きく 異なります。それに伴って不動産投資で得られるメリットが異なることも把握しておかなければなりません。 今回は勤務医と開業医が不動産投資を始めるメリットについてご紹介します。 冒頭でも触れた通り、勤務医と開業医では不動産投資によるメリットが異なります。そのため、自分の立場で得られるメリットを 把握したうえで不動産投資を検討する必要があるのです。 では具体的にそれぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

勤務医が不動産投資を始めるメリット

勤務医が不動産投資を始めた場合、所有している不動産を将来の開業場所として確保することができます。
勤務医であれば「いつか開業したい」という方も多いと思います。今のうちに条件の良い物件を確保しておくことで、将来開業する際の物件選びで
「良い物件がない…」といった問題に直面するリスクが無くなります。
もちろん、開業を断念した場合でも賃貸や売却という形で収入を得られるため、「とりあえず不動産を所有しておく」といった選択でも将来困ること
はないでしょう。

開業医が不動産投資を始めるメリット

開業医が不動産投資を始めるメリットは「万が一の事態に備えることができる」というものです。勤務医と違って開業医は収入が安定していない
傾向にあります。近年は特に医師の数が多く、患者も様々な病院に分散してしまっているのが現状です。
この状況は開業医の収入減少につながってしまいますし、最悪の場合閉業という事態に追い込まれてしまう可能性もあります。

勤務医も開業医もメリット多数

不動産投資は手間が少ないことで多忙な医師に向いていますし、物件購入費用が高いため収入の多い医師が始めやすい投資です。
さらに税金対策としてもメリットが大きく、多くの医師が不動産投資を検討しています。
しかし「勤務医」と「開業医」で分けて見てみると、得られるメリットには違いが生じるため、不動産投資を始める前にそれぞれのメリットについて
把握しておく必要があります。
「将来性」と「安定性」どちらが自分に必要か、どちらが自分にとってより魅力的かをよく見極めて不動産投資の検討をしてみましょう。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us