明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師

勤務医の不動産投資!空室リスクの対処法

医師の不動産投資における空室リスクへの対処方法について

医師が高収入を生かして資産運用する方法としては、比較的手を出しやすい不動産投資がありますが、不動産投資の最大の問題は空き室リスクをいかに対処するかということです。空室率を下げるために地域の事情に詳しい信頼できる管理会社を選ぶことや定期的な広告宣伝を打つ必要があります。

ローン返済と空室率の問題について

医師が不動産投資をする場合、マンション1棟の投資規模になると自己資金だけで賄うことができず、金融機関にローンを組んで購入する場合が多くあります。すべて満室で推移していれば、順調にローンが返済でき収益も上がっていくのですが、うまくいかない場合には、空き室リスクと戦っていくことになります。特に、ローンを組んでいる場合には、毎月の返済があることも考えなければなりません。ローンを組んで不動産物件を購入し資産運用する場合には、投資会社や管理会社と空室リスクを含めて十分な計画を立てることが必要となります。

「家余り時代」に医師が行うべき不動産投資

■医師の不動産投資物件の選定について
医師が不動産投資をする場合、空き室リスクを織り込む必要があります。日本では年々人口減少が顕著になる一方、マンションの供給量が増加傾向にあり、ますます空き室リスクが増加傾向にあります。その中で、医師が不動産投資を行うには、人口の集まる都市や地域を基本とする不動産物件を選ぶ必要があります。地方の人口が減少している一方、東京や大阪や福岡などといった都市部には人口が集中しているので、これら都市部の物件を選定することが効果的となってきます。

空室リスクへの対応がし易いのも医師ならでは

■空室リスクの医師ならではの対処方法について
医師を含めて不動産投資をする場合には、空き室リスクは避けて通れないものです。そのなかでも、医師の方ならではの対処方法があります。それは、一般の会社員の方と比較しても高額な給与収入があることです。生活基盤がしっかりとした中で行う不動産投資ですので、資金力を生かした空室リスク対策としては、地域に根差した入居者募集のノウハウを持った信頼のおける管理会社を選定し、必要経費として入居者募集のための広告宣伝費をかけて行うリノベーションで新機軸を出す、といった対処方法があります。
リスクがあるかないかを考え続けるよりも、リスクへの対処法としてどんなものがあるのかを理解してゆく方がより投資としては成功し易いかもしれません。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us