明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

タワーマンション投資のメリット・デメリット

タワーマンションへの投資は得?損?

不動産投資における投資先の選定において、タワーマンションはほぼ必ず選択肢に上がります。資産価値が高く、保有することができれば大きな利益が見込める一方で、居住者を見つけられなかったり売却がまとまらないと大きな損失を被ることにもなりかねません。しかし、タワーマンションは物件の選別を誤らなければローリスクで利益を得られるお得な不動産投資です。

タワーマンションへの投資のメリット・デメリット

タワーマンションへの不動産投資には多くのメリットがあります。物件そのものの資産価値が高いことや、人気もあるため賃貸物件として貸し出す際の家賃を高く設定できること、さらに資産価値が下落しにくいことはタワーマンションならではのメリットだと言えます。
一方で、デメリットとしては投資金額が大きくなることが挙げられます。タワーマンションは安価な物件が無いため、ある程度の投資資金を確保しておく必要があるのです。また、立地条件が劣るタワーマンションは戸建て物件と比べて賃貸物件としては向いておらず、入居者を探すことが難しい場合があります。

医師おすすめの投資の仕方

医師ならではのタワーマンションへの不動産投資法と言えるのが、都心の一等地にあるタワーマンションの上層階に投資をするというものです。医師は激務であるかわりに高収入を得られるという職業的特長があります。その特長を活かし、高額物件として知られる東京都心のタワーマンションを購入するのです。医師は収入が高く、社会的信用もあるため銀行からの借り入れが行いやすく、また、東京都心という立地条件であれば資産価値が急激に下がることもないので、空いた時間に不動産相場をチェックするだけで高く売ることができます。

まとめ

タワーマンションへの不動産投資はある程度の投資資金が必要になるというデメリットがありますが、収入と社会的信用が高い医師であれば資金的な問題はクリアできます。資金があれば高立地条件を購入できるため、デメリットの多くが解消されます。
つまり、資金があることによって良い物件を選ぶことができることに加え、物件を購入してしまえばあとは家賃収入を得たり不動産相場が上昇するのを待つだけという時間に余裕がない医師にとって最適な不動産投資になります。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us