おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

ピックアップ医師開業医

医師にしかできない、投資方法

医師だから実現できる不動産投資方法

【医師に最適な不動産投資方法とは?】 医師の方は、毎年、多額の税金を納められて、何もしないと高収入でも資産が増えないという悩みがあります。医師の方は、普段から多忙で、資産運用のために不動産投資をするなどとは手間がかかるのではと危惧されていますが、医師にとって不動産投資は最適な資産運用の方法です。高所得を活かし、不動産投資に資金を投入することで、かかった費用を経費にすることができ、税金対策にも大きな効果が期待できます。

高収入な医師だから可能な投資方法

【医師による節税のための不動産投資】
収入の高い医師の方は、毎年、高額の税金を納めていることになります。というのも、日本国内の所得税は、超累進課税率となっているので、大卒の新入社員であれば10%のですが、医療法人経営の診療所の院長の平均年収である約3,000万円ともなれば、40%と高額の税金を納めることになります。そこで、節税のためには不動産投資が有効となります。というのは、不動産所得にその他の所得を合わせての損益の通算(所得税法第69条)ができるために、賃料収入から必要経費を引いたものがマイナスとなった場合には、給与所得からその分減らすことができる、という仕組みがあるからです。

医師の資産形成には不動産投資がおすすめ

医師の方の資産形成におすすめの不動産投資は、特に高収入の医師の方には、節税のためには最適な方法で、投入する資金に応じて多くの賃料収入が期待できる一棟所有での運用や多くの区分所有物件を持つことでのリスク分散を図ることもできます。

銀行などの金融機関からの融資を受けて手出しを少額にしレバレッジを効かせた資産形成としても人気が高い側面、融資額が職業がら購入金額から大きく割れてしまい諦めるといった一般職の方も現状です。こういった金融機関のいわゆる貸し渋り時代であっても、社会的信用の高い専門職中の専門職かつ高所得で退職のない医師については、いつの時代でも貸し渋られることはほとんどありませんので、不動産資産運用内容を動かしたい時でもある程度思い通りに計画を運ぶことができます。こういったマイペースに資産形成を測れる面でも、医師の方は不動産投資に向いていると言えます。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us