Web明細はこちら

株式会社トライブホールディングス TRIVE Holdings

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師節税

医師の不動産投資大幅節税に!意外な「経費」としての支出について

医師は納税額が高め…

医師の不動産投資がおすすめであるという話題はもう珍しいものではなくなりました。しかし、数ある投資方法の中でも、 なぜ「不動産投資」が医師に適切であるといわれているのか知らない方は多いのではないでしょうか。 そこで、今回は医師が不動産投資を行うにあたっての「経費」というポイントについてご紹介します。 一般的な企業の会社員と比較すると、医師は収入が高い傾向にあり、それに伴い納税額も高いのが現状です。 中には収入の大部分が税金で引かれてしまうという医師もいるほどで、対策をしたいと考えている方は少なくありません。 その対策方法の一つとして「不動産投資」が挙げられるのです。

不動産投資における「経費」のポイント

節税をするためには、「経費」として計上できるものを増やし、所得金額を低く見積もることが重要です。
その効果的な節税方法が不動産投資なのです。
では、具体的にどのようにして節税効果が表れるのでしょうか。

【物件購入費の一部が経費として認められる】
物件を所有するには物件を購入する必要があります。決して安いものではありませんが、購入費用の一部は経費として
認められます。この経費を計上することで資産を所有しながら節税効果を得ることができます。

【銀行から借り入れた場合は「金利」の一部が経費になる】
物件を購入するにあたって、銀行から借り入れを行うケースは多いです。その際には「金利」を経費にできるということを頭に入れておきましょう。
ただし、金利の全額が経費として認められるわけではありません。銀行から借り入れた際の金利から土地金利の費用を引いた場合が一部を経費として計上することができます。
借り入れ金額によって金額は異なりますが、非常に大きなポイントとなることは間違いありません。

【購入・管理の雑費も経費として認められる】
物件を購入する際の「登記費用」「管理委託手数料」などのような雑費や、物件を見学するための「交通費」や
「宿泊費」も経費として認められます。さらに、管理・修繕で支払った費用、保険料なども経費として認められるため、総額すると非常に大きな経費となります。

不動産投資における「経費」をうまく利用しましょう

医師の節税には「不動産投資」が非常に適していることについてご紹介しました。
不動産投資では、経費として認められるものが多く「資産の所有」にもなるため、家族に資産を残すという意味でもメリット
の大きい投資方法です。
ぜひ、現在節税対策について悩んでいる方は不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us