おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

ピックアップ医師節税資産形成

医師の資産運用には不動産投資がおすすめです

医師の資産運用には不動産投資がおすすめ

FX、株式投資、投資信託など不労所得を入手する方法はたくさんあります。 しかし、その中でも不動産投資は医師に最もおすすめです。 医師という職業は信頼性が高いため、融資が下りやすく、不動産投資に向いています。 またFXや株式投資などチャートや株価に目を光らせなくてはならない投資方法より、家賃収入を得られる不動産投資のほうが、時間に余裕のない医師にはぴったりです。 ぜひあなたも不動産投資を始めてみませんか。

不動産投資が医師にぴったりの理由とは?

医師にとって、不動産投資は、収入が安定する、時間の余裕がなくてもできる、元本が少なくても大規模な投資ができるなど、ほかの投資方法に比べて多くのメリットがあります。
なぜ不動産投資が医師には最適なのか、代表的な理由をご紹介します。

時間に余裕がなくても実施できる

いつ緊急の呼び出しが入るか分からない医師にとって、時間がかからないというのは大きなメリットです。
もちろん、物件を購入するまでは、煩雑な手続きを踏む必要があります。
しかし、運用面では、大した手間はかかりません。
株式投資のように、最先端の情報を有していなくても、不労所得を得ることができます。

安定的な収入を得られる

医師には、ハードスケジュールによる過労、医療訴訟、医療制度改革などさまざまなリスクがつきものです。もし病気やケガをしたり、何らかのトラブルに巻き込まれたりして、働けなくなってしまったら、収入は途絶えてしまいます。
開業医の場合、収入の不安定さは、勤務医をさらに上回るでしょう。
株やFX取引では、一時的に高収入を得られるかもしれませんが、安定させるのは難しいです。
対して、家賃収入は毎月の賃金を保証してくれます。
税金やローン返済分を差し引いても、幾ばくかのキャッシュが手元に残るでしょう。
それはあなたの心の大きな支えになってくれるはずです。

リスクがほかの投資に比べて少ない

転売ではなく、家賃収入を目的とした不動産投資は、株式投資などに比べてリスクが低いです。
なぜなら、不況に陥ったとしても、人間は必ず住居を必要とします。
ある程度の人口が見込める地域に物件を買えば、そう簡単に、不動産価格や賃料が半値になることは有り得ません。そのため、経済要因に左右されにくい投資といえます。

元手が少なくても大きな投資ができる

不動産購入にあたっては、金融機関から融資を受ける必要があります。
このとき、社会的信頼度の高い医師という肩書は非常に有効です。
たとえ低リスクであったとしても、ある程度まとまったリターンがなければ、投資をする意味はありません。
不動産投資は、現在の手持ちの金額に関わらず、比較的規模の大きい投資ができるというメリットがあります。

投資以外の相乗効果が見込める

医師の場合、購入した不動産をいざとなったらほかの用途に使うこともできます。
例えば、医院経営を希望する人は、所有している不動産を用いて、開業することもできます。
また医師の特権を用いて、一棟もののアパート・マンションをサービス付き高齢者住宅や高齢者専用賃貸住宅として売り出すなど付加価値を付けることもできます。このようにすれば、入居率も高まるでしょうし、ほかの物件と大きな差を付けることができます。

本業にゆとりを持たせるためにも、不動産投資は必要です

なぜ医師にとって不動産投資が最適なのか、ご理解いただけましたか?
医師の不動産投資をおすすめする理由はこれだけではありません。
不動産投資を行えば、アルバイトをしなくても、副収入を得ることができます。
そのため、時間的余裕が生まれ、自らの体調管理もしやすくなります。
時間があれば、勉強などに投資することもできますし、心身が健康になれば、精神的にもゆとりができ、患者さんにも優しく接することができます。
実際、不動産投資を始めてから、そのような副次的効果を感じている人は大勢います。
今や医師といっても、誰もが高給取りで豪遊できる時代ではありません。
今後、経済情勢はますます厳しくなる可能性があります。
その中、豊かな生活を送るためにも、不動産投資の実施をおすすめします。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us