明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師資産形成

年収2000万の医師vs年収3000万のサラリーマンの不動産投資の違い

年収2000万の医師vs年収3000万のサラリーマンはどっちが不動産投資に向いている?

■医師と高額収入のサラリーマンとのどちらが不動産投資に有利 不動産投資を行うサラリーマンと医師とを比較すると、どちらが不動産投資する場合に有利になるでしょうか。どちらにしても不動産投資費用の全額を自己資金で賄える場合が少なく、金融機関からの借入金のお世話になるのですが、融資の上限が、サラリーマンが年収の10倍程度が上限に対し、医師はその肩書から年収の20倍以上借りることができますので医師には非常に有利です。

圧倒的に医師が不動産投資に向いている理由

■サラリーマンと比較して医師に不動産投資が向いている理由
サラリーマンと比較して医師に不動産投資が向いている理由としては、おおむねサラリーマンより医師の方が高給取りであることから資産が多く、リタイア後を見据えた時の生活レベルを維持するための資産運用がやりやすいこと、不動産投資を行う際の医師の肩書での融資条件が有利なこと、マンションの一棟投資をした場合には、賃料収入でのメリットだけでなく、勤務医であれば将来の開業に向けての資金として、また、開業するクリニックの場所としても利用できるという一石二鳥の活用方法が考えられるというのが、サラリーマンと比較して不動産投資が医師に向いている理由です。

医師の特権を使って上手く行う不動産投資

■サラリーマンと比較して医師に有利な不動産投資の融資の条件
サラリーマンと比較して医師に不動産投資が向いているのは、融資条件として、医師に有利であるからです。サラリーマンの場合の金融機関からの融資の上限は年収の10倍程度と言われているので、例えば年収1500万円の場合は1.5億円の融資金額となります。一方、医師の場合の融資の上限は年収の20倍程度と言われているので、サラリーマンと同じ年収1500万円である医師の場合には、上限3億円まで融資されるということになります。これだけの融資があれば、医師の場合、都心の有利な不動産物件の購入も可能となり、場所柄高い賃料収入が得られ、空室率も低く抑えられることにもなります。また、都心の便利な不動産物件であれば、1階に店舗としての貸し出しするにも有利な条件が引き出せるので、その賃料収入も見込めることもできることから、サラリーマンとの差はますます開いていくものと思われます。

サラリーマンと医師との不動産投資について比べると、医師が金融機関の融資条件が有利なこと開業する場所へも使用できることから医師にとって不動産投資は有利な投資です。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us