Web明細はこちら

株式会社トライブホールディングス TRIVE Holdings

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産開業医

海外不動産投資ってどうなの?カンボジアと日本の不動産投資の違い

カンボジアと日本の不動産投資の違い

近年、海外不動産投資が話題になることが増えました。その中でもよく挙げられるのが「カンボジア」です。 安定した収益や高い利回りを期待できるとして注目されている国ですが、そもそも日本での不動産投資と大きな違いは 存在するのでしょうか。 不動産投資をする上での「カンボジア」と「日本」の違いについて解説します。 【満足度の高さの違い】 まず、挙げられるのが入居者の満足度の高さについての違いです。 近代化が進んでいる日本において住居へのこだわりは大きいです。「綺麗な部屋が良い」「間取りは○○が良い」「デザインも こだわりたい」など、要望が多い傾向にあります。実際、契約する物件は入居者自身の満足度が高いものであることが多く、 トータルで見れば「現在の物件の満足度は高い」と考えられるでしょう。 一方カンボジアは、満足度が低いのが特徴です。 古い物件、清潔とは言えない物件が並ぶ中、選択肢は限られていて「ここに住むしかない」という理由から物件を選びます。 そのため、入居者自身の理想とは程遠い物件に住んでいることも多く満足度が低い傾向にあるのです。 そういった理由から、ここ数年で建築が進んでいる新築物件の需要は高く、投資先として期待できるのです。 【生産年齢人口の違い】 日本とカンボジアは生産年齢に大きな違いが見られます。 日本は生産年齢人口が少ない傾向にあり、「高齢者」が人口の多くを占めています。一方でカンボジアは生産年齢人口が 非常に多く、若い働き手が豊富であることから「経済の活性化」「高所得者の増加」などが実現されています。 これらにより、高級物件の需要も増加しやすく、投資する側としては高い利回りを期待することができるのです。 【賃貸利回りの違い】 賃貸の利回りを日本とカンボジアで比較すると、圧倒的にカンボジアの方が利回りが良い傾向にあります。 具体的な数値については一概にはいえませんが、日本の場合は4~5%台であることが多いのに対し、カンボジアの利回りは それ以上であることがほとんどです。 利回りを重要視するのであれば、カンボジアでの不動産投資は適しているといえるでしょう。

不動産投資におけるカンボジアと日本の違いは大きい

今回は、不動産投資でカンボジアと日本の違いについて解説しました。解説した通り、日本での不動産投資よりも、
カンボジアのほうが不動産投資で成功しやすい環境にあります。
不動産投資を検討している人はぜひ「カンボジア」も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us