おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産

海外不動産投資で「ダバオ」を選ぶ時に事前に知っておくべきこと

日本での知名度が低く情報量が少ない

日本ではまだ知名度が低い「ダバオ」。フィリピンに位置するエリアの一つですが、投資家の間ではダバオが話題になることは多く、 不動産投資の面で見ると有名なエリアともいえます。一部では、「不動産投資ではダバオを選ぶべき!」といわれることもあるくらい ですが、実際のところは必ずしもメリットだらけというわけではありません。今回はダバオを選ぶ時に、事前に知っておくべきことを ご紹介します。 冒頭でも説明した通り、ダバオの知名度は決して高くありません。実際、この記事を読んでいる方の中にも「最近ダバオの存在を知った」と いった人がいると思います。 こうして分かる通り、ダバオは知名度が低くそれにより情報量が現状まだ少ないという点があります。優良物件を取得し有効な投資を 行っていくには、自分で探して数字だけ見て購入するのではなく、物件を取り扱っている不動産会社から情報を集めてからの方がいいでしょう。

物件が完成しない可能性

フィリピンに限らず、日本でも何らかの理由によって物件が完成しないということはあります。建設が中止になり、結局投資先を得られないということは決して珍しい話ではありません。
日本であれば、法整備が整っているため頭金や中間金の返金や、業者側のサポートを受けられることがほとんどです。しかし、フィリピンはまだ法整備が十分に整っていません。そのため、購入資金である頭金などが返金されない可能性があるのです。
そのため、取引においては、現地の業者としっかりグリップしている会社を選定して契約後のことも相談しておくことをお勧めします。

デメリットを把握してダバオで不動産投資を

海外不動産投資で定番になりつつある「ダバオ」。しかし、現状の日本では発生率が低いトラブルも多少なりまだ存在するため、
不動産投資を行う際は、ご自身もしくは取引業者の方でしっかりコントロールできる環境でスタートする方がいいでしょう。
もし、ダバオへの不動産投資を検討している方は、メリット部分だけでなく上記潜在リスクも事前に把握したうえで海外不動産投資を実行しましょう。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us