明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産開業医

海外不動産投資でカンボジアを選ぶなら、事前に知っておきたいこと

リスクのない国はない

さまざまなメディアで海外不動産投資としてカンボジアを選ぶメリットが数多く語られていますが、国ごとにあるリスクに ついて語られることは少ないです。そのためリスクを把握しないままカンボジアでの海外不動産投資をスタートさせ 「思っていた展開と違う…」と感じるケースも多いようです。 今回は、海外不動産投資でカンボジアを選ぶなら、事前に知っておきたいことについて解説します。 そもそも、海外不動産投資を行う上で理解しておかなければならないことがあります。 それが「不動産投資を行う上でリスクの無い国はない」ということです。 どれだけ経済発展を遂げていて、不動産需要が多いとしてもそれぞれの国に、事前に知っておくべき情報は存在します。 これを理解したうえでカンボジアで不動産投資をすることについて確認しましょう。

カンボジア特有のリスクとは

【まだ情報量が少ない】
カンボジアで不動産投資を行うにあたり、やや目につくのが「情報量の少なさ」です。
カンボジアと他国の不動産情報の量を比較してみるとその差は歴然。情報を発信する人が少なく、新着情報を明確に
把握することができないのです。
インターネット上で検索してみても、カンボジアの不動産に関する情報は少ない傾向にあり、十分な情報を得ることが
難しい状況です。それをビジネスチャンスとして捉え、市場が過熱する前に投資を行う方がいる理由でもあります。

これからのカンボジアは

人口の平均年齢46歳の超高齢社会(世界一)にある日本に比べ、カンボジアの平均年齢は22.6歳であり、
これから数十年と内需が拡大し続けると言われているため、長期的な住宅需要と不動産価格の値上がりが期待されています。
購入価格に関係する現在のカンボジアの物価が魅力的なのは言うまでもありませんが、主要産業の一つである不動産は、
今後2桁台の成長が期待されていると言われています。
短期での転売益狙いが検討困難な現状の日本にはない魅力があります。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us