明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産

海外不動産投資における「アメリカ」と「ダバオ」の魅力と違い

アメリカとダバオの大きな違い

海外不動産投資を行う上で、先進国であるアメリカで行うか、今後の発展が期待できるダバオで行うかという2択で 悩んだことがある方は多いのではないでしょうか。 まだまだ海外不動産投資の情報が少ないため、それぞれ比較するのが難しく迷ってしまうことは当然のこと。 そこで、今回は海外不動産投資におけるアメリカとダバオの魅力と違いについて解説します。 アメリカとダバオの大きな違いは、「先進国」と「新興国」であることです。 アメリカは世界屈指の先進国でありながら不動産市場も充実しており、安心して取引ができるという特徴があります。 対してダバオは、現在発展段階の途中であることから今後大きな発展が見込まれていて、今後物件価値が上昇すると 考えられています。 まるで正反対のようなこの2つ。しかし、それぞれに魅力が存在します。

海外不動産投資における「アメリカ」と「ダバオ」の魅力

【信頼性】
不動産取引における信頼という面では、現段階ではアメリカの方が上であるといえます。
不動産市場の透明性は極めて高く、取引や権利の関係性が明確になっていてトラブルが起きにくく、
安心して取引できるのが魅力です。

【経済発展性】
今後の経済発展の面から見ると、圧倒的に魅力的なのがダバオです。人口構造もピラミッド型で、若い働き手も多く
高所得者が増える見込みです。これにより、経済が活性化され、不動産価値の上昇や、高級コンドミニアムの需要も
高まることが予測できます。
一方、アメリカの場合人口は多いものの、将来的に高い経済成長を期待できないのが現状。
人口は増加傾向にありますが、ダバオほどの高い経済成長は難しいと考えられます。

どちらも一長一短

信頼性や将来的に期待ができるか、といった項目は海外不動産投資を行う上で欠かせないチェックポイントです。
しかし、両方を得られるエリアや国は少ないため結局のところは少なく「一長一短」といえます。
「アメリカ」と「ダバオ」で検討するのであればまずは、定番のアメリカ、新市場で今後期待できるダバオのそれぞれの特徴を把握して、自身が何を優先するかを考え購入を検討しましょう。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us