明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産

海外不動産投資のメリットとデメリットとは?

海外不動産投資のメリットとデメリットとは?

日銀のマイナス金利が続いている状態では、比較的安定した収益があげられるのが不動産投資で、最近は、海外不動産投資も注目を浴びてきていますので、海外不動産投資のメリットとデメリットを調べてみました。メリットは、海外不動産は国内の物件と比較して価格が安く、東南アジア諸国では景気を反映して新規物件も増えてきています。海外で投資資金を調達する際、銀行ローンは国内と異なり、ノンリコースローンなので投資が失敗してもリスクが軽減されます。デメリットは、その国の法規制の変更や為替リスクなどがあげられます。

海外不動産投資にはこんなメリットがあります

海外不動産投資は、東南アジア諸国などは経済発展が著しいのですが、国内不動産物件と比較するとまだまだ安い傾向にありますのでメリットがあります。経済発展が進むにつれて、購入した物件の値上がりや賃料のアップで収益が増えることが予想されます。資金を現地の銀行で調達する場合のローンは、ノンリコースローンであり国内の銀行ローンとは異なっています。ノンリコースローンは購入物件を担保に入れ、物件を売却すればローンの支払いが免除される仕組みになっていますので、投資の失敗によるリスクは抑えられることになります。しかしながらデメリットの面も考慮しながら投資計画を立てる必要があります。

海外不動産投資のデメリットは?

海外不動産投資を行う場合には多くのメリットがありますが、デメリットもあります。その国の政権が安定している場合は問題ありませんが、政情不安で政権自体が大きく変わることで法規や税制体系が変更になる場合、デメリットの最悪のケースとして、物件の没収という場合も出てきます。賃料はその国の通貨での収益となりますので、急激な円高になると資産の目減りが大きくなります。海外不動産投資を行う際には、物件の選定・契約・入居者の募集・諸費用の支払い・税務申告など、現地担当の海外不動産投資会社に依頼することになりますので、十分な検討の上海外不動産投資会社を選定する必要があります。

海外不動産投資をじょうずに行うには?

海外不動産歳を行うためには、メリット・デメリットをしっかり把握した上で実施することが必要です。と言っても、個人で物件選びから税務申告まですべて対応することは困難で、まして現地の言葉を使って交渉しなければならない場合、個人対応は不可能となります。そこで、必要なのが、海外不動産投資代行会社です。セミナーによる海外不動産投資のメリット、投資プランの紹介、現地の投資物件の視察、契約物件の管理と運営などを行ってくれます。ただ、すべて代行会社に任すのではなく、国を選ぶ場合には、旅行や仕事の取引で行ったことのある国で自分でも住んでみたい、信頼できる現地の友人がいるといった点も重要となります。

カテゴリ

関連コラム

  • 関連アイテムはまだありません。

お問い合わせ・資料請求Contact us