Web明細はこちら

株式会社トライブホールディングス TRIVE Holdings

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産開業医

海外不動産投資は「東南アジア」が狙い目の理由について

なぜ今東南アジアが注目されているのか

不動産投資をしている人の中には海外不動産投資に興味がある方も多いのではないでしょうか。しかし、海外不動産が初めての方にとっては「どのエリア・国が不動産投資に適しているのか」 が分からないものです。 そんな方に今回おすすめしたいのが「東南アジア」です。なぜ今東南アジアが狙い目なのか、 見ていきましょう。 【人口構造】 国やエリアの状況を把握するための基本情報の一つである「人口構造」。日本の高度経済成長期の日本は いわゆる「ピラミッド型」の人口構造となっていました。そして、現在は東南アジアが全体的にピラミッド型の 人口構造になっています。 これは、かつての日本の高度経済成長と同等の発展が期待できるといっても過言ではなく、世界中の投資家が 注目しています。 また、生産年齢人口が多いことで経済が活性化しやすく、物件価値の向上も期待できるという利点があるのです。 【人件費が安く物価が安い】 東南アジアは世界的に見て人件費が安い傾向にあり、それに伴うようにして物価も安いのが特徴です。 これにより、物件を安く購入できるというメリットがあります。 エリアにおいて高級と呼ばれるコンドミニアムも日本円にして1,000万円代で購入できる物件が多いため、コストを 下げて不動産投資を行えます。万が一のリスクを最小限に抑えられるのは大きな魅力なのではないでしょうか。 【経済の発展に伴い住宅需要の上昇】 東南アジアは今全域で経済の発展が期待されています。上述したように、人口構造が理想とされているピラミッド型に近く、生産年齢人口も豊富であることから経済が活性化しやすく、発展につながりやすいのが特徴です。 そして、この発展に伴い住宅需要が上昇すると考えられており、東南アジアで海外不動産投資を検討する人は 増えています。

海外不動産をするなら「東南アジア」を検討してみよう

近年は国内不動産投資よりも、海外不動産投資に注目が集まっていて、メリットが大きくリスクが低いとして多くの
投資家が検討しています。特に東南アジアは海外不動産投資としては比較的始めやすいエリアでもあるため、人気が
高い傾向にあります。
ぜひ、海外不動産を検討している方は、「東南アジア」のエリアを検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us