Web明細はこちら

株式会社トライブホールディングス TRIVE Holdings

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産開業医

海外不動産投資をするなら?アメリカorカンボジアどっちが魅力的?

正反対の特徴を持つアメリカとカンボジア

海外不動産投資への関心が高まっている現代。どこのエリアにしようか迷っている方は多いのではないでしょうか。 そこで、今回は海外不動産投資として話題に上がることが多い「アメリカ」と「カンボジア」のどっちが魅力的なのか ご紹介します。 アメリカとカンボジアはほとんど正反対の特徴があります。 アメリカは先進国で人口構造はピラミッド型ではありません。人口は増加しているものの、若年層が少ないという 特徴があります。それに対してカンボジアは新興国であり、人口構造は理想とされるピラミッド型です。若年層が豊富で、 経済の活性化を期待できるという特徴があります。

海外不動産投資における「アメリカ」と「カンボジア」

アメリカとカンボジアは人口構造が異なり、カンボジアの方が今後経済の活性化が急速に進むことが期待できます。
将来的な面で見ると、アメリカに急激な成長を期待するのは難しいですが、カンボジアは現在急成長中でもあるため、
今後の発展に期待できるでしょう。

物価に伴う不動産物件の安さ

アメリカとカンボジアで物件の価格を比較すると圧倒的に安いのがカンボジアです。
物価や人件費が安いカンボジアは物件の価格も非常に安く、高級コンドミニアムも1,000万円代で購入できます。

物件の情報量の差

海外不動産投資を行う上で必要なのはまずは「物件情報」です。
不動産市場を把握し適切な投資をしなければなりません。しかし、そんな情報量は現在、アメリカが圧倒的に
勝っているといえます。長年の不動産市場の蓄積されたデータは膨大で、分析・比較などでも活用しやすいもの。
一方カンボジアは近年注目され始めたエリアであるため、情報量はまだまだ少ないのが現状です。
ただ、投資の鉄則ではありますが、注目が集まりきり事例が揃った段階では、本当の優良物件は既に購入されたあと・・、
ということも多いので、優良物件を見つけやすいという意味ではまだまだこれから投資市場として途上のカンボジアかもしれません。

海外不動産投資に対する優先順位を決める

アメリカとカンボジア、どちらで海外不動産投資を始めようか迷ってしまう人は多いものです。
そんなときはぜひ海外不動産投資に求めている「優先順位」を考えてみましょう。
自分が何を優先したいのか、何を妥協できるのかを考えて、投資である以上自分なりに得たいと思っているメリットを
享受できると思えるエリアを選択することが重要です。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us