Web明細はこちら

株式会社トライブホールディングス TRIVE Holdings

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

海外不動産開業医

海外不動産投資検討中の方向け!不動産投資におけるダバオと日本の違い

不動産投資におけるダバオと日本の違いとは

海外不動産投資で注目されている「ダバオ」。日本でも、ダバオの海外不動産を推奨する声が少しずつ増えてきています。 しかし、気になるのが日本との違いではないでしょうか。ダバオで不動産投資をしても日本の方がメリットが多い、 という状況ではただただ損をして終わってしまうものです。 【天災による被害の少なさ】 ダバオと日本の大きな違いの一つに「天災の被害」が挙げられます。 日本は台風や地震などの影響を受けやすいのに対し、ダバオは一年中穏やかな気候に恵まれている傾向にあります。 台風による影響も非常に少ない地域で、建設に影響が出たり、影響が出た物件の対応に追われることもありません。 【移住先として世界的に人気があるか】 ダバオは日本からの移住先としても人気があるエリアです。日本も移住先として人気がある国ですが、ダバオは リタイアした人が集まる傾向にあり、移住者の人口も増加しているという特徴があります。 今後も移住者の人口は増えていく傾向にあるため、同時に「住宅需要」の増加も見込めるでしょう。 【住宅の需要と共有】 世界的に見て、ダバオは比較的住みやすい都市とも言われています。また、フィリピンで最も住みやすい都市と 評価されることも多く、人口は増加傾向にあります。 こうしたことから、今後住宅需要の増加と、不動産価値の向上が期待できます。ちなみに、日本はすでに住宅の 供給過多に陥っているエリアも多いため、今後不動産価値の向上を期待するのは難しいとされています。

不動産投資においてダバオと日本には大きな違いがある

不動産投資において、ダバオと日本には大きな違いがあることが分かりました。
海外不動産投資を検討している方は、各都市のこうした違いを把握しどの都市で始めるかを慎重に検討する必要が
あります。
特に、海外は良くも悪くも日本の常識とはかけ離れていることが多いため、事前の情報収集は重要です。
様々な都市を比較しながら投資先として魅力的な都市を探してみましょう。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us