明細Webはこちら

ロゴ

おすすめ書籍
ピックアップ
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

資産運用にはいろいろな種類がある!

資産運用にはいろいろな種類がある!

「医師をしていて、資産運用について興味があるけれどもなかなか勉強する時間が取れない」という方のために、ここではまず、資産運用の種類についてどのようなものがあるかをご紹介します。 預金や外貨預金も資産運用のひとつですが、ほかに個人向け国債や投資信託、株式投資、FXといったものがあります。上場投資信託(ETF)やJ-REIT、先物取引もありますが、医師の方が注目しやすいのは不動産投資でしょう。

不動産投資とほかの資産運用を比較してみる

不動産投資はほかの資産運用方法と比較したときに、空室さえ出さないように物件を選択して運営することによって、毎月安定した収入を得ることができます。
つまり、リスクが低いということです。
不動産は実物資産なので、インフレが生じたときの対策にもなります。
また、ほかの資産運用では初期投資で大きな金額を準備しなければならない場合もあるでしょう。しかし、不動産投資ならローンを利用することが可能なので初期に準備しなければならない費用を少額に抑えることができます。
生命保険の代わりに利用できるというメリットもあります。

■不動産投資で成功するために!物件選びのコツ
医師が行う資産運用として注目されやすい不動産投資ですが、やはり成功させて資産を増やしていきたいものです。そのためには、まず物件選びをきちんと行う必要があります。
物件選びのコツとして、肝に銘じておきたいのは、空室を出しそうにない物件を探すことです。部屋に住む人がいるから家賃収入が入ります。当然のことですが、その当然を忘れてはなりません。
人が「住みたい」と思う物件を選ぶことが、物件選びのコツです。
物件の立地や周辺環境を必ずチェックしましょう。そして、売買価格や家賃収入が物件に見合っているかも確認してください。

■不動産投資で成功するために!契約のコツ
医師が資産運用で不動産投資をするとき、医師の職業柄忙しく、仲介業者に任せっぱなしにすることもあるかもしれません。
しかし、業者に任せてばかりでは、自分の理想として考える資産運用ができるかどうか気になることもあるでしょう。
そのため、不動産投資をするときには契約面もしっかりチェックしておくことが大切です。
契約面では、路線価図や登記簿謄本などといった書類や資料を隅々まで確認しておきましょう。医師の本業が忙しいからといって、書類チェックを怠ると大切なことを見逃すリスクがあります。資産運用を成功させるためには書類のチェックは必須です。
公図や家賃明細表、建物の図面や測量図、固定資産税の評価証明書なども確認しておきましょう。

■不動産投資で気をつけたい資金繰りについてのコツ
「資金繰りで困った」という不動産投資家について聞いたことがあるかもしれません。
医師の方で、資産運用で不動産投資を選ぶかどうか迷う方は、この資金繰りが気になるという方もいるかもしれませんね。
資金繰りで悩まないためにはいくつかコツがあります。
資産運用のために不動産投資をするのであって、安易な節税対策として不動産投資を選ばないことです。そして、空室には敏感になりましょう。
不動産ですから、劣化は起こるものです。だからといって、空室対策として必要以上の修繕はやめましょう。必要なコストを必要なだけ準備することを心がけることです。
そして何よりも、最初の物件選びをしっかり行うことです。
以上のことに気をつけると、資金繰りのリスクをかなり抑えられます。

医師におすすめの不動産投資のコツとは

資産運用にもさまざまな種類がありますが、資産運用のメリットを医師目線で比較したとき、不動産投資はおすすめの資産運用方法です。
しかし、不動産投資も安易な気持ちで始めてはなりません。不動産投資で成功するためのコツがあります。そのコツをしっかりチェックして、不動産投資で成功し、資産を増やしましょう。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us