「不動産所得損失」は会計上の赤字。
実際の赤字額は節税額に相殺され、手取り収入は増えます。

不動産投資で実際に入ってくるお金・出ていくお金

節税額44万円 ー 不動産運用の赤字額 = 344,348

→つまり、334,348円手取りが増えることになる

※上記は初年度の数値であり、2年目以降は徐々に節税効果が薄れていきます。