おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

一棟不動産投資区分

不動産投資の区分と一棟の違いについて

一棟投資と区分投資の違い

「一棟投資と区分投資って何が違うの?」こうした疑問を感じている方は多いのではないでしょうか。不動産投資について勉強を進めていくうちに、投資方法に違いがあることが分かったものの、それぞれどのような違いがあるのか分からない。こうした状況は珍しいことではありません。 そこで、今回はふどうさんとうしにおける一棟投資と区分投資の違いについてご紹介します。自分に合う投資方法はどちらなのかを確認してみましょう。

自己資金の必要性の違い

不動産投資の多くは、銀行などから融資を受けてそれを初期費用の資金として活用するケースがほとんどです。しかし、フルローンで購入できるケースとフルローンで購入できないケースがあるため要注意。
基本的に初期費用が高額である一棟投資の場合は20~30%程度の頭金の支払いを求められることが多く、一方で区分投資の場合は全額が融資で賄えることが多いです。
自己資金をどれだけ準備できるかが、カギとなるでしょう。

所有する規模の違い

一棟投資と区分投資の大きな違いとして「所有する規模の違い」が挙げられます。
一棟投資は建物全てが自分の所有物として扱えますが、区分投資の場合は建物内の一部の部屋が自分の所有物です。
一棟投資は所有する部屋が多い分、管理の手間やコストがかかりやすく、区分投資は所有する部屋が少ない分管理における手間やコストが少ない傾向にあります。
手間や管理コストなどを重視するのであれば、一棟投資よりも区分投資の方が適しているかもしれません。

失敗リスクの違い

失敗リスクが低いのが不動産投資の魅力ですが、さらに細かく見ていくと一棟投資と区分投資で失敗リスクはさらに異なります。
一棟投資の場合は、所有する部屋数が多い分退去者が複数出ても収入が0円になってしまうということは少ないです。しかし、区分投資の場合は所有する部屋数が少ないため、1組の退去者が出ただけでも収入に響いてしまうという難点があります。
安定した運営を行いたいのであれば、区分投資は不向きであるといえるでしょう。

初期費用の金額面の違い

記事前半でも触れた通り、一棟投資と区分投資では初期費用の額が異なります。一般的に、区分投資よりも一棟投資の方が高額になりやすく、それぞれの具体的な金額としては、区分投資が数十万円~数百万円。一棟投資が数千万円~数億円、と大きな差があります。
そのため、初めて不動産投資をする方にとっては、一棟投資はハードルが高く躊躇してしまうという方が少なくありません。
しかし、医師であれば融資を受けやすく、さらに融資の額も高額になりやすいため、初期費用の大部分を融資でカバーすることができます。

収入金額の違い

一棟投資と区分投資の違いとして非常に気になるのが「収入面の違い」ではないでしょうか。
当然ですが、一棟投資と区分投資では所有している規模が異なります。そのため、それぞれの収入にも違いがあることが多いです。
しかし、これに関しては一概にはいえないのも事実。例えば、高級マンションで区分投資している場合と、低所得者向けの格安物件で一棟投資しているという場合は、収入に差がないか、もしくは高級マンションでの区分投資の方が収入が多い可能性があります。
そのため、収入面を重要視するのであれば、必ずしも一棟投資でなければならないということはなく、場合によっては区分投資でも十分な収益を上げることができます。

運用スタイルの違い

不動産投資は空室リスクを避けるために、オーナーそれぞれが計画を立てて運用します。この運用スタイルについては、一棟投資と区分投資で自由度が異なるため注意が必要です。
一棟投資の場合、建物全体が自分の所有資産であるため、運用方法は自分の思うままに進められるというメリットがあります。例えば、介護サービスつきの高齢者向け住宅として提供したり、1階部分を店舗として運営したりなど。アイデア次第でさまざまな運用方法が実現できます。
しかし、区分投資の場合は自分の所有資産は購入した部屋のみであるため、建物の管理者の意向やルールに沿って運用する必要があります。そのため、自由度が低く「こんなサービスを提供したい!」とアイデアがあっても実現できない可能性があるのです。

自分に合った投資方法を

一口に「不動産投資」といっても、そのスタイルは大きく「一棟投資」「区分投資」の2種類が存在します。そして、それぞれに違いがあるため、自分にはどちらが向いているのかを理解しなければなりません。
今回の記事ではそんな「一棟投資」と「区分投資」の違いについてご紹介しました。現在、不動産投資について検討している方は、まず自分にはどちらの投資スタイルが向いているのかを見極め、失敗の無い不動産投資を実践しましょう。

カテゴリ

関連コラム

  • 関連アイテムはまだありません。

お問い合わせ・資料請求Contact us