おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資勤務医

勤務医と不動産投資について

不動産投資は勤務医が有利

医師の不動産投資が珍しくなくなった現代。多くの医師が不動産投資を通して効率的な資産運用をしていますが、実は不動産投資が有利に進められる医師が存在するのをご存知でしょうか。「勤務医」と呼ばれる医師は開業医などと比較すると、不動産投資におけるメリットが増えるのです。 今回は、医師の不動産投資において「勤務医」が有利な理由についてご紹介します。

不動産を将来の開業場所にできる

不動産投資では、不動産の購入が必須ですがその活用方法は様々です。一般的には賃貸として提供して副収入を得ることがほとんどですが、勤務医の場合は所有する不動産の一つを将来の開業場所としてキープしておくことが可能です。
人気エリアは今後価格が上昇しやすいため、安く購入するためにも早めに購入することがおすすめなのです。将来的に独立を検討している勤務医であれば、とても大きなメリットと言えるでしょう。

融資が受けやすい

勤務医は与信力が高く、銀行からの融資が受けやすいというメリットがあります。特に、病院の規模が大きかったり、収入が高かったりすると受けられる融資額も高くなり、不動産の選択肢が広がるのです。
その結果、妥協せずにより良い物件を購入することにつながり、高いリターンも期待できます。実際「融資額が低かったから…」といった理由で、立地の悪い安い不動産を購入するケースは少なくありませんが、このケースの多くは十分な収益を出せていません。
融資の受けやすさは勤務医ならではのメリットといえます。不動産投資を始める時点で既に周囲よりも一歩リードしているといえます。

高い節税効果

勤務医の中には、課税所得が高く税金の支払いに追われているという方もいると思います。もともと医師は一般的な会社員と比較すると収入が高い傾向にありますが、その分税金額も高いことから余裕のない生活を送っているケースは少なくありません。
そんな勤務医にとって不動産投資は大きな節税効果を得られるポイントの一つです。不動産投資で発生した支払いの多くを経費として計上し、課税所得から差し引くことで、節税効果を狙えます。「手取りにすると少ない」「ほとんどが税金で消えてしまう」という勤務医にピッタリといえるのではないでしょうか。

多忙な勤務医でも運用可能

勤務医は時間帯を問わずに多忙であることが多く、投資に興味を抱いてもそうした時間を確保できないという声は少なくありません。しかし、不動産投資であれば購入が完了すれば、あとは管理会社に運用や管理を委託できるため、必要な管理や手続きなどは発生しません。
普段通りに生活をしながら投資を進められるのは不動産投資の魅力といえます。開業した医師のように、融通が効かない勤務医には不動産投資が適しているのではないでしょうか。
場合によっては、不動産の購入や見学、交渉などもコンサルタントなどのプロにお任せできるため、ますます手間なく不動産投資を進めることができます。

勤務医のメリットを活用しよう

勤務医には不動産投資におけるメリットがたくさんあることが分かりました。もともと医師という職業自体不動産投資に有利な職業ですが、中でも「勤務医」はメリットが多いのが特徴です。
また、勤務医の場合は同業者とコミュニケーションをとることが多いため、不動産投資の情報を仕入れやすいですし、専門の書籍も数多く登場しています。
「不動産投資が気になる」「医師でも不動産投資できるのかな」など、不動産投資に関心がある方は、さっそく物件探しやプロへの相談からスタートさせてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us