おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資勤務医節税

勤務医の不動産投資と節税について

勤務医の不動産投資のメリット

勤務医の不動産投資のメリットは「副収入」だけ、と考えている方は多いのではないでしょうか。確かに、不動産投資の主なメリットとして挙げられるのは、本業以外での収入源です。 多忙で、アルバイトができない医師にとっては好条件の副業ですが、実は副収入としてのメリットの他にも節税や将来性などのメリットが挙げられます。 今回は、そんな勤務医の方のために不動産投資のメリットについてご紹介します。

節税になる

勤務医における不動産投資としてまず挙げられるのが「節税効果」です。
不動産投資では、少なくても数十万円~数千万円が初期費用として発生するもの。こうした出費は勤務医という本業の収入と合算して形状することができ、不動産投資で発生した出費分を課税所得から差し引くことができます。
簡単に言えば「税金を大幅に減らせる」ということなのです。わずかな金額のレシートを経費として計上するよりも圧倒的に大幅な節税効果を期待できますし、節税効果を得ながら資産を所有することにつながります。
勤務医は年収が高い傾向にあることから、それに伴い課税所得も高額です。支払う税金が高額になるため、額面上では高収入であっても手取りはあまり余裕がないといったケースも少なくありません。
勤務医であれば、こうした節税対策は万全にしておきたいところ。その効果的な方法として、不動産投資をおすすめします。

多忙でも実践しやすい

勤務医は非常に多忙な職業です。朝から晩まで働き詰めであったり、目まぐるしく駆け回っていたりと、生活に余裕がないという勤務医は多いです。
そのため、「副業をしたくても時間が取れない」と考えている勤務医も多いのではないでしょうか。しかし、不動産投資は手間がかからない投資スタイルであるため、多忙な勤務医でも実践しやすいのが魅力です。
不動産投資は、不動産の購入が完了すればあとは毎月の家賃で収益を得られます。株式投資のように、常に価格状況をチェックする必要はなく、極端にいえばほぼ手放しで運用できるのです。
「忙しくて副業ができない」という勤務医の方はぜひ不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

将来の開業場所を確保できる

勤務医の中には「将来は開業したい」と考えている方もいるのではないでしょうか。そんな勤務医の方には不動産投資は大きなメリットがあります。
不動産投資で物件を所有しておくことで、将来の開業場所として確保することができ、将来の開業がスムーズになります。
最近では、一棟を所有しそのうちの一室を病院として提供するといったサービスも展開されてきていて、「高齢者への医療サービスつき物件」という近年の需要に合わせたスタイルで運用するケースも見られます。
このように、いずれ開業することを検討しているのであれば、今のうちに条件の良い物件を確保しておきましょう。「開業するときに探せばいい」と安易に考えていると、条件の良い物件は全てライバルに所有されてしまっている…といった問題が起きやすいため要注意。
アクセス、物件のスタイル、周辺環境など好条件の不動産は早めに確保しておくと良いでしょう。

相続時の負担を軽減する

不動産投資のメリットは、節税効果や将来性だけではありません。実は「相続対策」としてもメリットがあります。
預金や現金で家族に相続するよりも、不動産として家族に相続した方が相続における税率が低くなる傾向にあるのです。具体的には、預金や現金と比較するとおよそ5分の1程度にまで相続税を減少できるケースが多く、相続税対策としては非常に効果的な方法でもあります。
また、家族に収入源の一つを残すことにもつながり、自分に万が一のことがあった場合の家族の生活も安心です。
「自分に何かあった場合の保険として」「家族に負担をかけたくない」と考えている勤務員方は不動産投資が適しているでしょう。

とくに「節税」は大きなポイント

勤務医における不動産投資のメリットは様々なものが挙げられますが、やはり「節税効果」のメリットは特に大きなポイントです。
収入が多い勤務医にとって税金対策は必須といえるもの。不動産投資はそんな節税効果が非常に高く、手軽に大幅な節税効果を実現することができます。
収入において、不安・不満がある勤務医の方はまずは、不動産投資で節税を実践してみてはいかがでしょうか。

勤務医は不動産投資がおすすめ

不動産投資というと「副収入」といったイメージがあると思います。しかし、実際にはそれ以外にも様々なメリットがあり、とくに勤務医に適したメリットが多いです。
今回の記事でご紹介した内容を参考にしながら、不動産投資に対するイメージや考えを改め、これを機に実践してみましょう。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us