おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資勤務医資産運用

勤務医の資産運用と不動産投資の始め方

勤務医の将来における資産運用

勤務医の中には「将来のために資産運用をしたい」と考えている方がいるでしょう。近年、医師としての人生に不安を感じている勤務医は少なくありません。そんな勤務医の資産運用としておすすめなのが「不動産投資」なのですが、実際に始める前にいくつか注意点を把握しておく必要があります。 不動産投資を検討している方はぜひ参考にしておきましょう。

物件を購入する数

勤務医は与信力が高いため、融資が受けやすい職業です。融資額も高額になりやすいため、「複数の物件を購入しようかな」と考えてしまう方は少なくありません。しかし、初心者が突然複数の物件を購入するのはあまり好ましくないのが現状です。あちこちの物件の手続きに追われて勤務医である本業に支障が出てしまう可能性がありますし、手続きがなかなか進まず時間が経過し、近所に競合物件が増えてしまうというリスクがあります。これでは効率的な資産運用とはかけ離れてしまいます。
まずは、1つの物件を所有することからスタートしましょう。

管理会社選び

不動産投資において「管理会社」はパートナーも同然です。物件の管理を託すわけですから、丁寧に扱ってくれるのか、ずさんな管理体制ではないか、などをよく見極める必要があります。
管理会社の質は不動産投資の成功を大きく左右します。
いくつか候補の管理会社をピックアップし、それぞれのホームページ内容や口コミ、実際に依頼している人が周囲にいるかなどをよくチェックしてみてください。

エリア選び

資産運用における不動産投資で重要ポイントでもあるのが「エリア選び」です。住宅需要の高いエリアで投資をすることが大切であるため、特定エリアの「人口」「住む人のライフスタイル」「周辺施設」「競合物件」などは念入りに確認しておく必要があります。
万が一エリア選びに失敗してしまうと、空室を抱えることになったり、入居者が短期間で退去してしまったりする可能性があり、資産運用における不動産投資の失敗を招くことになってしまうかもしれません。
初めての方は「人口が多いエリア」「単身者が多いエリア」などを選ぶことをおすすめします。

勤務医は不動産投資で資産運用を

勤務医が資産運用をするのであれば「不動産投資」がおすすめです。今回ご紹介した注意点をよく把握したうえで勤務医の皆さんはペースで資産運用を進めていきましょう。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us