おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師資産形成

医師が早期リタイアするには

医師が早期リタイアするには、、、

医師として働き続けている人の中には、「このままでいいのかな」と考えている人もいると思います。 医師は、社会的地位・年収ともに高いですが、夜間や土日に呼び出されることも多い激務です。 多忙な毎日を送る中で、早期リタイアという言葉が頭をかすめる人も多いでしょう。 早期リタイアとは、いつ医師を辞めても大丈夫な状況のこと。 ここでは、医師が早期リタイアするために必要なことをお伝えします。

医師は何歳まで続けられる職業?

医師は激務として知られる職業です。
病棟回診、カンファレンス、手術、カルテ書き、勉強会出席などをこなしているうちに、あっという間に1日が過ぎていきます。
若いうちは体力で乗り越えられますが、年を経るごとに、肉体的に辛くなります。
医師は何歳でもできる職業だと思われがちですが、いつまでも続けるには、健康な肉体と何事にもチャレンジし続ける精神力が必要です。
それを維持し続けられる人は、ごく少数しかいません。

ゆとりある老後生活を送るのに、資産運用は必須

しかし、多くの医師は、早期リタイアなんて夢のまた夢、と日々アルバイトに励んでいます。ただ、その多くは税金として納めなくてはならず思ったよりも残らない。
それだけでは、老後に豊かな生活をすることはできません。
ゆとりある老後を送るためにも、働かなくても、資産が増え続ける仕組み作りが必要です。
そのために、知っておきたいのが資産運用に関する知識です。

資産運用の早期スタートで、早期リタイヤや老後の準備をしましょう

資産運用は早期スタートが望ましいです。
なぜなら、医師として何年勤務していようと、資産運用に関する知識が深まるわけではありません。
何歳で開始しようが、知識ゼロから始まるのは一緒です。
早めに着手して、より多くの資産を築き上げましょう。

早期リタイアするのに必要なもの

早期リタイアを実現するには、貯金よりも不労所得額が重要です。
そのための、最適な方法が、不動産投資をはじめとする資産運用です。
早期リタイアが必ずしも良いことだといっているわけではありません。
医師というのは患者を救う立派な職業です。
医師として一生働き続ける方も多くいらっしゃいます。違いがあるとすれば、不労所得がある方とない方では
一生医師として働くにしてもマイペースに、早期リタイアを希望するなど選択肢が出来るということです。
また、万が一事故に遭ったり病気になったりしてしまった際の備えにもなるので、ある種の保険と捉えて運用している方も
多くいらっしゃいます。

資産運用は、一か八かのギャンブルとは違うため、成果を出すまでにある程度の時間を要します。
裏を返せば、不動産投資を筆頭にした資産運用は時間さえかければを効果が安定的に出てくるものなのです。

早期リタイアや老後の保障作りを検討されている方は、早い時期に運用スタートを検討することをおすすめします。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us