おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資医師節税

医師と不動産投資と節税

医師の効果的な節税とは?

数ある職業の中でも「高収入」として知られる医師。そのため、一般人からは「贅沢な生活をしていそう」といったイメージを抱かれがちです。しかし、医師の中には世間のイメージとは程遠くほとんど余裕のない生活をしている方も少なくありません。その原因が「税金」です。 稼いでも収入に応じて税金の支払いが必要であるため、高収入であればあるほど税金も高額になります。今回はそんな医師のために効果的な節税方法である「不動産投資」をご紹介します。

不動産投資で「経費」の項目が増える

不動産投資をする上で、必要な費用は物件の購入費だけではありません。例えば、知識を得るための書籍代や物件見学のための交通費と宿泊費など、あらゆるものを経費として計上することができます。この経費は課税所得から差し引くことができるため、税金の金額を減らすことにつながります。

購入した年の赤字分の申告が可能

物件を購入した年は基本的に赤字の年になることがほとんどです。「赤字」と聞くと不安を感じてしまう方が多いのですが、高額な物件を購入したその年のうちに家賃収入だけで黒字化を目指すことは難しいのが現状です。
不動産投資のベテランであっても赤字を経て安定した収入を獲得しているため、「赤字は絶対に避けたい!」と考える必要派ありません。この赤字は課税所得と合算して申告することができ、支払い税金を大幅に減らすことが可能です。
そのため、赤字に神経質にならず、長い目で不動産投資を見据えることが大切です。

相続税の税金対策に

自分に万が一のことがあれば子供たちに資産を残してあげたいというのが親の本音ですよね。しかし、相続時に「相続税」で資産の大部分が税金の対象になってしまうこともあり、結局子供たちの手元に残るのはごくわずかといってケースも存在します。そんな状況を回避できるのが不動産資産の相続です。現金での相続よりも不動産資産での相続の方が相続税が安くなりやすいですし、子供達に不労所得の資産を残すことができます。

課税所得を減らすためにも「不動産投資」がおすすめ

医師の節税のポイントは「課税所得を減らすこと」です。医師の収入は高額であることがほとんどですから、課税所得も多く税金の支払いに追われてしまうケースは少なくありません。働いた分のお金はなるべく手元に残しておきたいというのが正直なところでしょう。だらこそ、不動産投資で積極的に節税を目指すことが大切です。
医師の節税方法について興味のある方はぜひ不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us