おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資医師

医師と不動産投資について

医師に不動産投資が向いている理由

近年、医師による不動産投資が注目を集めているのをご存知でしょうか。医師という職業が不動産投資を優位に進めるポイントになるだけでなく、不動産投資という投資スタイルは医師にピッタリの投資スタイルなのです。 そこで、今回は医師に不動産投資が向いている理由についてご紹介します。

融資の受けやすさ

まず、医師は与信力が高い職業として知られていますね。「安定性」「収入の高さ」この2つを持つ医師は、銀行側にとって安心してお金を貸せる相手です。
そのため、一般的なサラリーマンや自営業の方と比較すると、融資を受けやすいというメリットがあります。
スムーズに不動産投資をスタートさせられるのは医師の特権ともいえるでしょう。
こうした融資の受けやすさから不動産投資が向いていると考えられるのです。実際、融資の受けやすさから、次々と不動産を購入し同時進行で運営する医師も少なくありません。
不動産投資に限らず、投資は基本的にスタートが肝心といえます。医師であれば、融資の点で手間取る心配はないため、良好なスタートを切ることができるでしょう。

節税効果の高さ

医師は収入が高い半面、税金も高いのが現状です。日本は収入が高くなるにしたがって課税所得も増加するという累進課税精度を設けているため、高所得であればあるほど税金額も増える傾向にあります。
そのため、「年収のわりに手取りが少ない…」とがっかりする医師は少なくありません。
そんな医師にとって不動産投資の大きなポイントといえるのが「節税効果」です。
不動産投資に関連する費用は、「経費」として収入と合算して申告でき、収入から経費分を差し引くことができます。
これにより、課税所得を減らすことが可能になるのです。さらに、不動産投資における赤字分も申告することができ、不動産投資のスタートから1~2年は大幅な節税効果を期待することができます。
現在、税金額に不満がある医師の方や、生活における金銭的な不安がある医師の方は、不動産投資で大幅な節税を実践することをおすすめします。

手間が少ない

不動産投資は、数ある投資スタイルの中でも「運用手間が少ない投資」として知られています。
不動産を購入するまでは、不動産の見学や書類の整理・作成、手続きなどの手間があるものの、いざ運用がスタートすれば基本的に手間をかけることはありません。
ほぼ手放しで副収入を得ることにつながるのです。
さらに、自分が大家として管理するのではなく、管理会社などへ管理業務を委託すれば、さらに手間は軽減します。例えば「入居者の確保」「入居者のトラブル」「メンテナンス」「定期的な点検」など、自分で行わなくても管理会社が対応してくれるため、多忙な医師でも不動産投資であれば取り入れやすいのです。
忙しくて投資ができない、投資について勉強する時間がない、などの方は不動産投資の検討をしてみてはいかがでしょうか。

情報取集がしやすい

あまり知られていませんが、医師は他の職業と比較すると不動産投資に関する情報を収集しやすい傾向にあります。
これは、近年、医師の多くが不動産投資に関心を抱き始めていることが理由として挙げられます。書籍では医師向けの専門書が増えてきていますし、セミナーや勉強会なども盛んに開催されています。
また、不動産投資に関心を抱く医師が多いことから、医師同士でも情報交換をしやすいという利点があります。同じ職場内で不動産投資の情報交換をしているという医師は少なくなく、不動産投資を検討する方にとって非常に良い環境であると考えられます。
不動産投資を行うにあたって「医師」は非常に有利な職業であるということから、医師に不動産投資が向いているといわれるのです。
「おすすめのエリア」「実際に購入した不動産」「リアルな失敗談」「不動産投資における先輩のアドバイス」など、医師の特権をフル活用して、しっかりと情報収集をしましょう。

医師には不動産投資が向いている

今回ご紹介した通り、医師にとっての不動産投資は、他の職業と比較すると圧倒的に向いているといえます。不動産投資における有利性や節税面におけるメリットなどは、医師の大きな特権です。
せっかく医師として活躍しているのであれば、不動産投資も視野に入れて今後の可能性を広げていくこともおすすめ。「副収入」「税金対策」などに興味がある医師の方はぜひ不動産投資を検討してみてください。
さっそく、今回の記事を参考にしながら不動産投資について理解を深め、前向きに不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us