おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資医師

医師と不動産投資について

医師だからこそ始める不動産投資とは?

高齢社会の現代において医師の需要は高く、今後も安定することは間違いないと考えている医師は非常に多いです。確かに、広い目で見れば医師は現在も将来も重宝されることは間違いありません。しかし、全ての医師が重宝されるのかというと、そうではないのです。だからこそ、不動産投資を始める必要があるのです。 今回は医師が不動産投資をしておくべき理由について具体的にご紹介します。

期待できない医師の将来性

一般的に医師は将来性があるとして判断されることが多いです。しかし、それは一昔前までの話であり、現代の場合は将来性を強く期待出来ないのが正直なところです。
日本は超高齢化社会に突入し、2025年には人口の30%が高齢者になると言われています。
そのため、ただでさえ人手不足で長時間労働が強いられている中、さらに労働環境は過酷になっていく可能性があります。

開業医の価格競争

「いずれは独立開業したい」と考える医師は多いと思いますが、現在開業医も非常に多く、地域によっては価格競争が激化しているケースも存在します。その結果、廃業に追い込まれたり、十分な収入を得ることができないまま運営を余儀なくされる可能性があるのです。

IT技術の成長

近年のIT技術の進化、成長は目覚ましい発展を遂げており、人々の人生に欠かせない存在になりつつあります。しかし、そんなIT技術により医師の一部の業務がITに置き換えられたり、低価格で受けられるサービスとしてテレビ電話やチャットなどでのオンライン診察を提供する医師が増えたりします。
こうしたIT技術の進化によって医師の仕事は減少しやすく、低価格もしくは無料での業務が発生する可能性もあるのです。

医師は不動産投資で収入減を複数確保すべき

一般的には「安定した職業」「将来性のある職業」として知られている医師ですが、現実は厳しいものがあるため、万が一に備えて収入源は複数確保しておくことが大切です。その一つとして「不動産投資」がおすすめなのです。
不動産投資は運営の手間が少なく、収入金額も比較的大きいため万が一医師としての収入が途絶えた場合でも生活できるほどの収入を得ることができます。

不動産投資と医師を両立しよう

「高収入」「安定している」「将来性が高い」などポジティブなイメージが多い医師ですが、現実は決して甘くはなく、今後医師として生きることが難しくなってしまう可能性があります。そういった状況に備えるためにも不動産投資は必要不可欠な存在です。
ぜひ、今回の記事を参考にしながら医師の方は不動産投資を検討してみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us