おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師資産運用

医師と資産運用と不動産

医師に適した資産運用は?

医師の中には「資産運用」を検討している方が多いのではないでしょうか。将来のため、子供達のため、万が一のため、など目的に個人差はあるものの、資産運用で安心を手に入れたいと考えている医師は珍しくありません。 そんな医師の資産運用におすすめなのが「不動産投資」です。医師の資産運用で不動産投資を検討している方は多いものの、情報の少なさから実践に移している方は一部の方だけです。そのため、まだまだ不動産投資による資産運用が定番化していない今が狙い目ともいえます。 今回は、資産運用に不動産投資がおすすめできる理由についてご紹介します。

ローリスク・ミドルリターン

不動産投資は「ローリスク・ミドルリターン」の投資として知られています。投資にリスクは付きものですがリスクのほとんどは対策を講じることができるもので、得られる収入も比較的多く、医師を辞めても生活できる収入を確保することができるのです。
「高額なリターンがあったとしてもその分リスクが高いのは不安」という医師にピッタリの投資といえます。

不労所得の収入源になる

働かずに収入が得られる「不労所得」。医師は多忙な毎日を送っていることがほとんどであるため、こまめに手間がかかるような投資はあまり適していません。不動産投資であれば、物件を購入後は基本的に手放しで運用できるため、手間なく資産運用を実現することができます。

万が一の対策がしやすい

不動産投資で最も注意しなければならないのが「空室リスク」です。安定した家賃収入を得るには所有物件は満室であることが望ましいものですが、タイミングや時期などによっては空室が発生してしまう可能性もあります。
しかし、不動産投資の場合万が一空室があったとしても、自分で対策計画を立てられるのが不動産投資のポイントです。入居者確保のために物件をリノベーションしたり、広告出稿を検討したりなど、効果的な対策方法を採用できるのです。
自分では対策のしようがない「株式投資」と比べるとリスク回避がしやすいのは大きなメリットといえます。

医師の資産運用では「不動産投資」を検討しよう

医師の資産運用としておすすめできるのが「不動産投資」であるということについてご紹介しました。ぜひ、今回の記事を参考にしながら医師の皆さんは不動産投資で資産運用をしてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us