おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

リスク不動産投資医師

医師の不動産投資とリスク

医師の不動産投資におけるリスクとは

近年注目を集めている医師の不動産投資。成功例が数多く存在していますが、当然ながら「リスク」も生じるのが現状です。不動産投資は比較的リスクが低いと考えられていますが、具体的にどのようなリスクが存在するのでしょうか。 今回は、医師がきちんと把握しておくべき不動産投資のリスクについてご紹介します。

災害によるリスク

台風や地震、洪水など日本はあらゆる災害が起こりやすい国として知られています。不動産投資を行うのであればこうした災害リスクはきちんと把握しておかなければなりません。
例えば、所有している不動産が地震や台風で倒壊したり、洪水により屋内が水浸しになったりすると、修繕や清掃などの手間・コストが発生します。
エリアを選ぶ際はなるべく災害が少ない場所を選択し、可能であれば出来る限りの災害対策を行っておくことをおすすめします。
最近では、不動産投資向けに災害に備えた保険商品が展開されているため、自分が安心できるプランの保険に加入しておきましょう。

エリア選びの失敗

エリア選びは上述したような災害リスクを回避するためにも重要なポイントです。しかし、その他にも、「入居率」を左右するポイントでもあるため、エリア選びは特に慎重に行わなければなりません。
「人口が多いエリアなら入居者が増えるだろう」「他に物件が無いエリアなら競争率が低くて良さそう」など、こうした判断で不動産投資のエリアを選んでしまう医師が少なくありませんが、これらは失敗リスクを高めるため注意が必要です。
例えば、単身者用のワンルームマンションを購入しても、そのエリアがファミリー世帯の多いエリアである場合は入居者を確保しにくいですし、競合物件の無いエリアを選んでもそもそもアクセスが悪い、人口が少ないなどの問題があれば入居者を確保することは大変でしょう。
こうしたことから、エリア選びは慎重に行う必要があるのです。専門家に相談してみたり、自分の目で確かめたりして希望エリアの様子をよくチェックすることは必要不可欠といえます。
不動産投資の基本でもあるため、医師の方は空室リスクを回避するためにもエリア選びは手を抜かずに対応しましょう。

修繕などの突発的な出費

不動産投資で注意しなければならないのが「急な出費」です。災害による損傷、経年劣化、入居者のトラブルなど、様々な理由で急な出費が発生することがあります。
その金額も場合によっては高額になるため、万が一に備えて資金を確保しておかなければなりません。特に日本は災害が多いため、物件が損傷しやすいですし、入居者による壁の破壊、傷、ごみ屋敷などのような著しい汚れなどの対応でもお金はかかります。
最近は、入居者のごみ屋敷トラブル、高齢者の孤独死などが問題視されていて、物件を所有する不動産投資家の中にもこれらに悩まされているケースが少なくありません。場合によっては、今後貸し出すことができない状態になり、他の入居者が退去してしまうということも考えられるため、収入面にも不安が出てきます。
そのため、急な高額な出費でも安心できるよう資金を確保しておき、保険に加入しておくことが大切です。また、トラブルを防ぐためにも定期的に物件を点検し、入居者とコミュニケーションをとるのも良いでしょう。

リスクを理解することが最大の成功ポイント

医師の不動産投資において、最大の成功のポイントは「リスクを把握する」ということです。不動産投資には上述した通り様々なリスクが存在するため、それらをきちんと把握し、それぞれのリスクに対する対策を徹底することが大切です。
現在、不動産投資に対して不安を感じている医師の方は、リスクを把握するところからスタートすると、今後の計画が明確に見えてくるでしょう。

カテゴリ

関連コラム

  • 関連アイテムはまだありません。

お問い合わせ・資料請求Contact us