おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資医師時期

医師の不動産投資と時期

不動産投資はいつ始めるのがいいの?

医師が不動産投資を始めるうえで気になるのは「不動産投資を始める時期っていつがベストなの?」といった内容ではないでしょうか。不動産投資は文字通り投資であることから、始めるタイミングを見極めることは非常に大切なことです。 実施、時期が合わなかったことで不動産投資を失敗したり、空室に悩まされたりといったケースは存在します。今回はそういった不動産投資の失敗を回避するためにも、医師が不動産投資を始めるおすすめの時期についてご紹介します。

いつでもいいわけではない

不動産投資というと「入居者がいればいいのだからいつ始めても問題ない」といったイメージがあります。確かに、効率的に入居者が確保できれば問題ありません。しかし、どんなに立地の良い物件や、住宅需要の高いエリアの物件であったとしても「確実に入居者が集まる」という保証はないのです。そうした油断は失敗の元ですし、思わぬトラブルの原因にもなってしまいます。

タイミングが大切

不動産投資の成功の秘訣は「タイミング」です。「お金が溜まってから始めればいいや」と、先延ばしにしているうちに好条件の不動産はどんどんライバルの医師に購入されてしまい、いざ不動産投資を始めようと思ってもまともな物件が残っていない…といった問題を抱えることになってしまいます。
そのため、医師が確実に不動産投資を成功させたいのであれば、自分の都合で不動産投資をスタートするのではなく、時期を見てスタートすることが大切なのです。

時期によっては損することも

不動産投資は時期を見誤ると大きな損を出してしまうこともあります。「あと1年早く始めていれば…」「あの時に購入しておけば…」など、後悔する原因にもなってしまうため、安易な判断で不動産投資をスタートさせてしまうことはおすすめできません。
なるべくリスクを低くして不動産投資を始めたいのであれば、きちんと時期を見極めましょう。

将来を見据えて時期を見るべき

医師の不動産投資は「購入して終わり」というものではありません。数年後、数十年後も価値ある資産であり続けるために、医師の皆さんは将来を見据えて運用することが大切なのです。そのためには「いつまでに購入しておくべきか」「どこに何件の不動産をいつ構えるべきか」などを計画する必要があるのです。
不動産投資は初期費用が高額であることから「不動産の購入がゴール」と認識されがちですが、むしろ不動産の購入はスタート地点でしかありません。

医師が不動産投資を始めるうえでおすすめの時期

医師が不動産投資を始める場合、どのような時期にスタートするのがベストなのでしょうか。ここからは、おすすめの時期について詳しくご紹介します。

とにかく早めに

まず第一にいえるのが「なるべく早い時期」の不動産投資です。不動産投資は早ければ早いほど将来的な資産価値が向上します。そして、若い時期に不動産投資を始めておけば万が一失敗してもカバーしやすく、再チャレンジもしやすいです。
成功するにせよ、失敗するにせよ、なるべく若いうちにスタートしておくことをおすすめします。ただし、焦ってしまうと不動産選びで妥協しやすくなり、結果的に失敗リスクを向上してしまう可能性があります。早い時期に不動産投資を始めることが大切ですが焦りは禁物。
冷静に不動産投資を始めることを頭に入れたうえで、不動産投資を始めてください。

ビッグイベントの決定直後

ビッグイベントが決定した直後は不動産投資の成功率が非常に高い時期です。例えば、最近であれば東京でのオリンピック開催や、地方の都市開発など。こうしたビッグなイベントが決定するとその土地の価値が向上しやすく、それに伴い不動産価値も向上しやすいというメリットがあります。
ビッグなイベントが決定したらなるべく早く不動産を購入しておき、時間とともに不動産価値が向上するのを待ちましょう。こうした時期であれば、不動産投資が初めての医師でも成功する可能性が高く、良いスタートダッシュを切ることができます。
しかし、こうしたビッグイベント決定直後は、投資家達も同様に慌てて不動産を購入することが多いため、少しでもタイミングが遅れてしまうと、好条件の不動産が残っていない…といった状況になってしまいます。
さらに、こうしたビッグイベントの決定は頻繁に起こるものではありません。基本的には上述した通り早めの不動産投資スタートがおすすめです。

時期を見て不動産投資を

医師が不動産投資を成功させるには「時期の見極め」が重要であるということについて解説しました。「いつ始めればいいのだろう」「そのうち始めてみよう」と考えている方にとって参考になった内容はあったでしょうか。
不動産投資を失敗させないためにも、医師の皆さんは「早めのスタート」「ビッグイベント決定直後」を意識してみると失敗リスクを限りなく少なくすることができるでしょう。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us