おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

不動産投資医師失敗

医師の失敗しない不動産投資について

医師の不動産投資とリスク

医師の不動産投資が珍しくなくなり、これを機に始めてみようと考えている方は多いのではないでしょうか。しかし、不動産投資はリスクを伴うものでもあることから結局実践できないまま時間ばかりが過ぎてしまった…という状況に陥る可能性があります。 そこで、医師が安心して不動産投資を始めるためにも不動産投資を失敗しないためのポイントについて解説します。

医師が不動産投資で失敗しない方法 -ターゲットを絞るー

医師の不動産投資でまず重要なのは、「入居者のターゲットを絞る」というものです。不動産投資が初心者の意思の中には失敗しないためにも入居者の幅を増やしたいと考えるケースが多いのですが、意外にもターゲットを絞った方が不動産投資は成功しやすい傾向にあります。
例えば「女性をターゲット」とするのではなく「若い女性で年収は280万円程度の会社員」「30代~40代の独身女性で年収400万年」など、ピンポイントでターゲティングします。これにより、不動産計画を立てやすく、よりニーズにマッチした不動産を運営しやすくなるのです。

医師が不動産投資で失敗しない方法 ーエリアのニーズを把握するー

医師の皆さんは不動産投資を検討しているエリアのニーズを調査しましょう。例えば、ファミリー世帯が多いエリアであれば間取りは2LDK~3LDKにすべきか、独身者が多いのであればワンルームの需要の方が高いか、などニーズに沿って物件をイメージします。
こうしたニーズに沿わない物件を購入してしまうと失敗の原因です。

医師が不動産投資で失敗しない方法 ー年月とともに家賃が減少することを理解するー

失敗しないためにしっかりと頭に入れておくべきなのが「家賃の減少」です。経年劣化などで物件価値は時間とともに低下します。それに伴い家賃も減少させないと、立て続けに入居者が退去したり、空室リスクが上昇したりしてしまいます。
医師が不動産投資を失敗させないためにも、無理に家賃をキープすることは避けましょう。

失敗しない不動産投資を

医師が失敗しない不動産投資を実践することは可能です。一部の方の中には「不動産投資はハイリスク」といった声もありますが、しっかりとポイントを把握することで不動産投資の成功率は限りなく向上させることができるのです。
ぜひ、今回の記事を参考にしながら医師の皆さんは失敗しない不動産投資を始めてみましょう。

カテゴリ

お問い合わせ・資料請求Contact us