おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

2020不動産投資医師

2020年の医師の不動産投資

2020年以降の不動産投資はどうなるの?

あとわずかに迫った2020年。オリンピック開催年でもあり、不動産投資を検討している医師の中には「今がはじめ時なのでは?」と思っている方も多いのではないでしょうか。しかし、実はオリンピックの開催と不動産投資の成功率についてはあまり関係がないのが現状です。 今回は、そんな気になる2020年の動きについてご紹介します。

東京オリンピックには期待できない

不動産投資家の多くが期待していた東京オリンピックの影響ですが、残念ながら2020年以降反映されることはないと考えられます。一時的な人口の増加は期待できますが、増加した人口が維持されるということは考えられないため、自ら積極的に成功に導く必要があります。
しかし、難しく考える必要はなく「需要」を把握し、需要に答えられるような不動産をチョイスすれば基本的に大きな失敗をすることはありません。

少子高齢社会の影響が直撃

実は、2020年以降、少子高齢社会の影響が不動産投資に直撃する恐れがあります。住宅需要は低下し、多くの物件に空室が目だったり、新築物件に入居者が集まらなかったりと、不動産投資において、2020年以降の状況は厳しいものが待っている可能性が高いです。
さらに、高齢者における孤独死問題により「事故物件」としてトラブルを抱えてしまう可能性もあり、2020年以降は多くの不動産投資家が警戒を強め始めるタイミングでもあります。

未婚者の増加で住宅需要が低下

結婚を希望しない未婚者の増加により、住宅需要も低下することが考えられます。生涯実家住まいを選択する若者が増える可能性も高く、不動産業界は大打撃を受けることが予測されます。
しかし、「一人暮らし」を選択するケースもあるため、単身者用物件やコンパクト物件であれば2020年以降も需要が高いことを期待できます。

人口減少による空室リスクの上昇

現在、日本は人口が減少傾向にあることから、空室リスクが深刻化する可能性が高いといわれています。新築物件も空室対策として安い賃料で提供しているケースは少なくなく、さらに価格競争が激化し利回りの低い状況で不動産投資を行わなければならない可能性もあります。
エリアによっては入居者の争奪戦になることも考えられるため、不動産物件の安売りに発展してしまうのではないか、と医師に限らず不動産投資家の間で警戒されています。

2020年以降の不動産投資を成功させるには

上述した通り、2020年以降は不動産投資においてかなり深刻な状況となる可能性が高いです。空室リスク、賃料における価格競争の激化、事故物件などのトラブルなど、これから不動産投資を始めることを検討している医師の中には、不動産投資を断念することを考えている方もいるのではないでしょうか。
しかし、そんな2020年以降も安定して副収入を得られる不動産投資術が存在します。ここからは、不動産投資を検討している医師のために、「2020年以降の不動産投資を成功させる方法」についてご紹介します。

単身者向け不動産の購入

まず、不動産投資において「物件選び」は非常に重要なポイントです。そして、その物件選びは、想定される入居者をイメージしたうえで行わなければなりません。
2020年以降の不動産投資で想定すべき入居者のイメージは「単身者」です。未婚を選択する人が増えている現代のニーズにマッチしているため、空室を回避することにつながります。単身者向けの物件を選ぶか、コンパクトタイプの物件を選ぶことがおすすめです。
利回りの良さを視野に入れるのであれば、富裕層向けや人気エリアの物件を選ぶと良いでしょう。

高齢者向け不動産の購入

超高齢社会となった現代は、高齢者をターゲットとするビジネスが数多く展開されていますが、それは不動産投資も例外ではありません。例えば、高齢者同士のコミュニケーションを目的とした高齢者向け物件や、介護や医療サービスを受けられる物件など、現代の需要に答えるための不動産物件が増えてきています。
また、医師の不動産投資の場合、本人が医療サービスを提供する不動産物件として運用することもでき、医師ならではのメリットがあります。
警戒される「高齢者の孤独視問題」も、定期的にスタッフが訪問することで防ぐことができますし、需要が高い分不動産の安売りを選択せざるを得なくなることもありません。

2020年以降はターゲットを絞って不動産投資を

2020年以降、不動産の需要が低下してしまうことが予想され、不動産投資をする医師の多くが警戒しています。確かに、かつての時代と比較すると不動産投資がしにくくなりましたが、ターゲットを絞り現代の需要に合わせて不動産投資を進めることで失敗のない不動産投資を実現できます。
これから不動産投資を始めることを検討している医師の方は、諦める前にプロに相談したり、需要に応じた不動産をチェックしたりしてみましょう。

カテゴリ

関連コラム

  • 関連アイテムはまだありません。

お問い合わせ・資料請求Contact us