おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師とサラリーマンで投資に向いているのはどちら?について解説

投資に向いているのは医師とサラリーマンのどちら?

医師とサラリーマンを比べると、投資に向いているのは医師といえます。このようにいえる主な理由は、収入と社会的信用力に大きな違いがあるから。いうまでもなく、収入、社会的信用力とも医師のほうが高いといえます。なぜこれらが高いと、投資に向いているといえるのでしょうか。

医師のほうが投資に向いている理由

収入と社会的信用力が高いと投資を行いやすくなります。その理由は以下の3点にまとめられます。

・思い描いた投資を行える
・高額融資を受けやすい
・融資の審査に通りやすい

これらについて詳しく解説します。

思い描いた投資を行える

収入が多い医師は、サラリーマンに比べ投資に回せるお金も多いといえます。投資に回せるお金が多いと、様々な選択肢を持てます。例えば高額な人気不動産に投資をしてじっくり資産を運用する、複数の不動産を購入してリスクを分散するなども可能です。思い通りに行動できるので、医師は投資に向いています。

高額融資を受けやすい

もちろん、投資は自己資金だけで行うわけではありません。融資を受ければ、サラリーマンでも高額な不動産に投資できる可能性はあります。確かにその通りですが、社会的信用力が異なるため、サラリーマンと医師では融資を受けられる上限額も異なります。具体的な融資の上限額は個別の審査で決められますが、医師の場合は年収の10~15倍、サラリーマンの場合は年収の6~8倍程度におさまることが多いようです。融資を受ける場合も、医師のほうが投資をしやすいといえるでしょう。

融資の審査に通りやすい

融資を受けるためには審査に通らなければなりません。審査の通りやすさも、医師とサラリーマンでは異なります。両者を比較すると、社会的信用力の高い医師のほうが審査に通りやすいといえます。金融機関が評価する医師の社会的信用力は、弁護士より高いとされています。弁護士に比べ免許を取り消されるケースが少ないので、貸し倒れリスクを心配しなくてよいからです。医師は投資に向いている職業といえるでしょう。

不動産投資でも医師は有利

医師の高い収入・社会的信用力を活かしやすい投資が不動産投資です。サラリーマンより有利に始めることができます。なぜこのようにいえるのでしょうか。

高額な資金を用意しやすい

重複になりますが、医師とサラリーマンでは用意できるお金が異なります。条件の良い不動産に投資しようとすると、少なくないお金が必要です。よって、高額なお金を用意できる医師のほうが不動産投資に向いていると考えられます。サラリーマンの中には投資したい物件を見つけても購入金額を用意できず、諦めざるを得ない方が少なくありません。

節税効果を実感しやすい

不動産投資には、所得税・住民税を軽減する効果があります。所得税・住民税を軽減できる理由は、賃料収入から経費を引いた金額が赤字の場合、給与所得から赤字分を引くことができるからです。経費の中には、高額になりやすい減価償却費などが含まれます。よって、実際上は赤字でなくても赤字にすることが可能です。所得税は、課税標準額が高くなると税率も高くなる累進税です。所得の多い医師は、不動産投資による節税効果を実感しやすいといえるでしょう。

開業を見据えた投資が可能

将来的な開業を見据えて不動産投資を行える点も医師の強みと言えます。立地条件の良い場所に不動産を購入し賃貸で運用しながら元手を回収、その後にクリニックを開院することが可能です。万が一、不動産経営が軌道に乗らなかった場合も、売却する以外にクリニックを開院する選択肢を持てます。サラリーマンに、この選択肢を持つことはできません。様々な選択肢を持ちながら、不動産投資を始められる点も医師の強みといえるでしょう。

医師はサラリーマンに比べ圧倒的に投資に向いている

医師とサラリーマンでは、収入と社会的信用力に大きな違いがあります。どちらも医師のほうが高いので、医師は投資に必要な資金を用意しやすいといえます。思い通りの投資を行えるので、サラリーマンより投資に向いているといえるでしょう。医師の特徴を活かしやすいのが、高額な資金を必要とする不動産投資です。収入と社会的信用力の高い医師であれば、サラリーマンでは手の届かない人気物件に投資してじっくりと資産を運用することなどができます。節税効果を実感しやすい点、将来の開業に備えて物件を取得できる点も不動産投資に向いているといえるでしょう。医師は投資、特に不動産投資に向いている職業と言えます。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us