おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師に生命保険ではなく不動産投資をおすすめする理由

医師の不動産投資は生命保険の代わりになる

万が一に備えて、不動産投資をすすめられても、ピンとこない方が多いはずです。生命保険と不動産投資では、性格が異なるので当然といえるでしょう。少し意外かもしれませんが、冒頭で説明した通り不動産投資は生命保険の代わりになり得ます。なぜこのようにいえるのでしょうか。

不動産投資が生命保険の代わりになる理由

不動産投資が生命保険の代わりになる理由として、以下の2点を挙げられます。

・不動産と家賃収入を残せる
・団体信用生命保険に加入

それぞれについて解説します。

不動産と家賃収入を残せる

不動産投資とは、マンションやアパートを取得して収益を得ることです。万が一何か起きた場合、家族に不動産と家賃収入を残せます。生命保険と同じように保障を作れるので、生命保険の代わりになるといえるのです。まとまった資金が必要なときに、不動産を売却できるので生命保険より使い勝手は良いといえるかもしれません。

団体信用生命保険に加入

不動産投資だと、万が一の時にローンまで残ってしまうと考えた方もいると思います。この点は、団体信用生命保険が解決してくれます。団体信用生命保険とは、ローンを支払っている期間中に契約者が死亡または高度障害状態になった場合、その時点のローンの残債と同額の保険金が支払われる保険です。マンションなどを購入するためにローンを組むと、ほとんどのケースで団体信用生命保険の加入を義務付けられます。団体信用生命保険に加入して不動産に投資すれば、万が一の時は不動産と家賃収入だけを残せます。そのため不動産投資は生命保険の代わりとなり得るのです。

団体信用生命保険加入の条件

名前からわかる通り、団体信用生命保険は生命保険の仲間です。加入にあたっては審査があります。どのような加入条件が設けられているのでしょうか。

保険会社が加入を承諾

団体信用生命保険の加入条件として挙げられるのが、保険会社が加入を承諾することです。保険会社は、主に健康状態を評価して承諾の可否を決めます。5年以内に入院・手術をしている方、お薬を服用している方などは、加入を承諾してもらえない可能性があります。個別の審査は保険会社が行うので、団体信用生命保険のしおりなどで詳しい条件を確認しましょう。健康上の問題で一般団体信用生命保険に加入できない方は、引き受け条件を緩和したワイドタイプの団体信用生命保険に加入できる可能性があります。

年齢条件

年齢も団体信用生命保険の加入条件として設けられています。具体的な年齢は商品により異なりますが、一般団体信用生命保険は満20歳以上65歳未満と定めていることが多いようです。加入を希望する方は、年齢条件にも注意にも注意しましょう。

一般的な生命保険との違い

団体信用保険は非常にメリットの大きな生命保険です。一般的な生命保険と、どのような点が異なるのでしょうか。

定期保険との違い

定期保険とは、一定の期間内に死亡した場合に保険金が支払われる生命保険です。団体信用生命保険と保障を受けられる期間がことなります。あらかじめ定めた期間を保障する定期保険に対し、団体信用生命保険はローンの最終返済日まで保障します。定期保険は掛け捨てなので、あらかじめ定めた期間を過ぎると何も残りません。団体信用生命保険は、ローンを完済すると不動産と家賃収入が残ります。この点も両者の違いといえます。

終身保険

終身保険とは、保障が一生涯続く生命保険です。必ず保障を受けられる点は魅力ですが、保険料は団体信用生命保険に比べ割高です。保障を受けられる期間、ローンの返済期間が長くなると、1,000万円以上の差になることもあります。保障を受けられる期間が過ぎた後は、終身保険は現金が、団体信用生命保険は不動産と家賃収入が残ります。

不動産投資は医師に向いている投資|生命保険と比較検討を

不動産と家賃収入を残せる不動産投資は、生命保険の代わりになり得ます。多くの場合、ローンを組む際に団体信用生命保険への加入を義務付けられるので、万が一の時も安心です。収入と社会的信用力が高い医師は、好条件でローンを組めます。不動産投資は、医師に最適な投資といえるでしょう。将来のリスクに備え生命保険を検討している方は、不動産投資も候補に加えてみてはいかがでしょうか。家族に生命保険以上の安心を残せる可能性があります。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us