おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

医師のための過労死を防ぐ働き方と資産運用の重要性について

医師のための過労死を防ぐ働き方と資産運用の重要性について

医師の残業上限は年間1,860時間であり、一般的な職種の過労死判定ラインの2倍もの時間数です。過酷な労働環境下で働く医者にとっては、ワークライフバランスの改善や業務の分業化、女性が働きやすい環境づくりなどが重要ですが、いずれも簡単に実現されるものではなく、将来の安定性も考えて資産運用をしていくことがおすすめです。

医師の残業上限は過労死ラインの2倍

医師の残業上限は年間1,860時間とされていますが、1,860時間は厚生労働省から発表されている過労死ラインの約2倍です。労働と過労死との関連性が高くなる条件は、「1ヶ月間に約100時間、2ヶ月間から6ヶ月間に渡って1ヶ月あたり80時間以上の時間外労働」とされており、1年間で計算すると960~1,200時間となります[1]。
つまり医者という職業は過労死と判定されるライン以上の残業が認められており、非常に多忙で過酷な環境下にあると言えます。さらに年間時間外労働時間が1,860時間を超える医師も多く、中には3,000時間もの時間外労働が発生しているケースもあります

過労死を防ぐための医師の働き方とは

負担の大きな働き方をしている医者にとって、過労死を防ぐことは最重要課題です。過労死のリスクを軽減させるためには、次のような働き方の改善が必要でしょう。ただしこれらの改善点は容易に実現されるものではなく、医療機関や医療界全体の改革が必要となってくるため、すぐに快適な労働環境を整えることは難しいと考えられます。

組織でワークライフバランスの改革に取り組む

ワークライフバランス改善、及び、原因である長時間労働の改善に関しては、日本医師会からも重点事項として挙げられています。しかし最重要事項でありながら、実現がかなり難しいポイントとも言えるでしょう。
ワークライフバランスの改善が難しい理由は、組織によって行われる改革であり、各医療機関や施設ごとに行えるものではないからです。各医療機関が努めることも欠かせませんが、現行法令の改正も含めて考える必要があります

医師の仕事を分業化する

過労死を防ぐために大切なことは、医者の仕事量を可能な範囲で減らしていくことです。そのためには資格がなくとも行える事務作業(電子カルテの入力や処方箋・診断書の作成など)を、医師事務作業補助者などに任せることもおすすめです。仕事の分業化は医療機関ごとに独自で行えるため、取り組みやすい働き方改革です。実際に支援センターを活用した医療機関は、事務作業補助者を導入したことで労働環境の改善につながったと報告しています

女性医師が復帰しやすい環境にする

大きな労働資源である女性医師が復帰しやすい労働環境を整えることも、医者の働き方改革には大きな役割を果たします。現在の女性医師の割合は30%を超え、出産や子育てによって離職することは、医療界全体にとって大きな痛手です。
しかし育児休暇を取得する女性は非常に少なく、労働時間の長時間化や不規則性もあり、離職してしまう方が多いのが実情です。女性が育児休暇を取りやすい環境を作り出せば医者の人員確保につながり、長時間労働を避けられるようになっていきます

激務な医師だからこそ不動産投資による資産運用が有効

医者は他の職種と比較すると圧倒的に激務であり、ワークライフバランスを保つことも容易ではありません。常に多忙であるからこそ将来のことを考え、不動産投資による資産運用を行うことがおすすめです。
資産運用の方法は様々ですが、不動産投資は投資のための時間を取れない医師から支持を得ています。大幅に時間を割く必要もなく、長期間に渡って安定的な利益を得られる不労所得の方法です。また高収入の医師は税金が高くなりますが、節税効果もあります。資産運用としての投資以上の価値を持っているのが不動産投資です。

医師に必要なのは働き方の改善と資産運用

医師の残業上限は、一般的な職種で「過労死判定ライン」とされている時間数の約2倍です。過酷な労働環境に置かれている医者には、ワークライフバランスの改善、業務の分業化、女性医師に対応した環境づくりなどが必要ですが、不動産投資による資産運用も欠かせません。
不動産投資であれば労働環境が過酷であっても投資が可能で、長期的に安定した利益が得られるため、医者の資産運用方法として最適です。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us