おすすめ書籍
PICK UP
おすすめ書籍
会話でわかる!
忙しい医師のための
不動産投資
会話でわかる! 忙しい医師のための不動産投資
無料プレゼントキャンペーン

当サイト限定
無料プレゼント

不動産投資コラムColumn

節税対策は研修医時代から!その理由とお勧めの資産運用を解説

節税対策は研修医時代から考えよう

研修医が節税対策はまだ早すぎると考える理由は、収入がそれほど高くないからではないでしょうか。確かに現時点の収入はそれほど高くないかもしれませんが、この期間を終えればすぐに高収入になります。高収入になってから節税対策を考えると、適切な対策を講じるまでに無駄が生じてしまいます。研修医時代は準備期間と考えて、できることから始めていくとよいでしょう。

節税対策の資産運用には不動産投資がおすすめ

税の中で負担を感じやすいのが、所得税と住民税です。これらに対する節税を考えるなら、不動産投資は良いと思われます。医師が不動産投資を行うことで高い節税効果を期待できます。

節税効果を期待できる不動産投資

マンションを購入して賃貸に出す場合、減価償却費、借入金の利子、管理費、修繕費、損害保険料、租税公課などが必要経費として認められます。

医師に不動産投資が向いている理由

不動産投資には、医師に向いているという側面もあります。節税対策を講じたい研修医に最適といえるでしょう。なぜ医師に向いているといえるのでしょうか。

激務でも続けられる

不動産投資の魅力として挙げられるのが、物件を購入してしまえば手間がかからないことです。日常の管理などは、専門の業者に任せられます。よって忙しい研修医や勤務医などであっても、無理なく続けられます。もちろん専門の業者に支払う管理費は、経費として計上することが可能です。業務に支障を与えず節税対策を講じられます。

ローンが通りやすい

不動産投資を始めるうえで問題となりやすいのが、ローンを組めないことです。魅力的な物件と出会っていながら、ローンが通らず諦めなければならない方は少なくありません。安定して高い収入を見込める医師であれば、このような心配はほとんどないでしょう。不動産投資は、医師の優位性を発揮しやすい資産運用方法です。

融資面で有利

安定して高い収入を見込める医師は、返済能力が高いと評価されるため融資面でも有利になります。良い条件でローンを組めるので、不動産投資に向いています。また研修医は年齢が若いため、長期融資を受けやすいといえます。不動産投資を始める最適なタイミングといえるでしょう。

相続対策になる

不動産投資は、所得税・住民税対策だけでなく相続税対策にもなります。土地や建物の相続税評価額は、市場価格よりかなり低くなるからです。よって多額の現金を残すよりも、不動産を残す方が相続税は安くなります。将来を見据えて節税対策を講じたい医師にもおすすめです。

開業を見据えた投資が可能

以上のほかでは、開業を見据えた物件を取得できる点も医師に向いている理由です。開業まで時間のある研修医であれば、条件の良い物件をじっくり探せます。まだ物件を探すには早いと感じるかもしれませんが、もともとは賃貸物件です。予定を変更して開業しない場合は、そのまま貸し続けることができます。もちろん必要に応じて現金化することも可能です。将来的な開業を見据えつつ様々な選択肢を持てるので、不動産投資は医師に向いています。

節税対策は研修医時代からスタート!おすすめの方法は不動産投資

高収入の医師は、所得税・住民税の額が大きくなります。心配な方は、研修医時代から対策を講じましょう。おすすめの対策として挙げられるのが不動産投資です。損益通算により赤字部分を給与所得などから引けるので、所得税・住民税を大きく軽減できます。また不動産投資には、手間がかからない、相続税対策になる、開業予定地を確保できるなどの嬉しい側面もあります。医師に最適な資産運用方法なので、節税対策を講じたい方は検討を進めてみてはいかがでしょうか。

カテゴリ

関連コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us