明細Webはこちら

ロゴ

Overseas
real estate

海外不動産投資

今話題の東南アジアへの不動産投資。
トライブ独自の自社現地法人スキームで、
オンリーワンクルーシブに
運用をサポートします。

安く、値上がりし、需要沸騰
ASEANへの不動産投資が伸びる理由

プノンペンとダバオ。成長率の高さが投資先のポイント。

経済成長が著しく投資先としても人気のASEAN。特にフィリピンのダバオとカンボジアのプノンペンは、不動産投資を行うのにとても適しています。

ポイントは、人口増加率と経済成長率の両方が高い新興国であることです。年々増加する人口に裏付けされた内需の押し上げによる、一過性のバブル成長ではない継続的で安定した経済成長が期待できます。加えて、市場規模や安定した政治状況などから見ても、今ベストの投資先です。

今はまだ安い。需要はもっと伸びる。将来、値上がりする。

経済成長率が高い海外不動産には3つのメリットがあります。

1つは節税効果が高いことです。地価が日本国内より安いため、日本と同額で購入した場合と比較すると不動産価格に占める建物の割合が大きくなります。減価償却の対象である建物の割合が大きいということは、節税効果が高くなります。次に、経済成長と人口増加による家賃と需要の増加によって、家賃収入(インカムゲイン)が上がる事が期待できます。最後に、不動産価格の値上がりによって、購入した不動産を売却する際に得られる収益(キャピタルゲイン)が購入額の数倍になることが期待できます。

オンリーワンクルーシブな
トライブのサポート

完璧な自社現地サポート。現地法人アンナアドバイザーズ×トライブホールディングス。

カンボジア現地にも法人を持つアンナアドバイザーズとの業務提携により、どこよりも強力に海外不動産投資をサポートします。

アンナアドバイザーズ代表取締役の荒木杏奈氏はSBIマーケティング(株)を経て2013年よりカンボジアにて不動産会社を経営、2015年より不動産投資アドバイザリー会社を経営しています。現地企業にて培ったノウハウと現地大手デベロッパーとの厚い信頼関係により、現地の不動産投資を強力にサポートします。

国内外を包括的で効率よくワンストップにサポートします。

国内はトライブが、海外はアンナアドバイザーズと共同し、完璧な連携で包括的に、そして最初から最後までサポートします。

海外不動産で障害となる仕入れや管理はアンナアドバイザーズの経験とノウハウによって最高のものをご提供します。難しい融資もトライブが築き上げた金融機関との信頼関係によりお客様のご要望を叶えます。

よくある質問。デメリットはあるか?

ASEANで不動産投資をする場合、完成前に購入すること(プレビルド)が多いですが、デベロッパーの資金不足などで工事がストップすることがあります。トライブでは、信頼のおけるデベロッパーのみを現地法人が直接選定しているため、安心です。
現地の不動産販売者から直接購入すると、意思の疎通が上手くできないことや詐欺に遭うなどのトラブルになりがちです。日本国内の不動産会社と取引することが重要です。
高い入居率や入居者の質を維持するには、管理会社の力量に依存します。現地の良い管理会社を選ぶのは言葉の壁もあり日本国内よりも困難です。トライブでは、全ての管理を自社現地法人にて行っているため、管理会社を選ぶ必要はありません。
日本国内の金融機関は海外不動産投資に対して消極的です。現地の銀行や外資の大手銀行を利用したいところですが、金利が高い、頭金が必須などハードルが高くなります。トライブでは、金融機関との圧倒的な信頼関係があるため、完璧なご融資のサポートが可能です。

少人数制で質を重視
海外不動産の実情が分かる

今、知っておくべき
海外不動産コラム

お問い合わせ・資料請求Contact us

Contents by TRIVE Holdings Co., Ltd. © 2016